編集部2019年5月29日

【動画で見る!】三石忍さんによるライトアジ釣り解説

アジ 船の釣り 魚種別釣りガイド

釣り初心者の船釣りデビューにもオススメなのが、ライトタックルを使ったビシアジ釣り。 ビシアジ釣りとは、コマセカゴとオモリが一体になったビシカゴに寄せエサを詰めてアジを呼び、ハリに付けた食わせエサに食いつかせる釣り方です。

船釣り入門にもオススメのターゲット

つり人オンライン=まとめ

 

釣り初心者の船釣りデビューにもオススメなのが、ライトタックルを使ったビシアジ釣り。

ビシアジ釣りとは、コマセカゴとオモリが一体になったビシカゴに寄せエサを詰めてアジを呼び、ハリに付けた食わせエサに食いつかせる釣り方です。

なかでも40号前後の軽めのビシカゴで水深40mまでの浅場をねらうスタイルは、竿やリール一式も扱いやすい軽量の物が使えるので手軽にチャレンジできます(多くの船宿では道具一式をレンタルできます)。

この動画では、三石忍さんがエサの付け方から誘い方までズバッと解説してくれています。

ライトビシアジの魅力はなんといっても数釣りが楽しめること。動画でも三石さんの解説中に1投目からアジがヒットしています。

ハードルが高いと思われがちな船釣りですが、この夏はぜひ入門してみてください。

三石さんのさらに詳しい解説は、発売中の月刊『つり人』2019年7月号(p110~「三石忍の船釣りテンポUP!」)で読むことができます。

◆関連記事
初心者でも食べて美味しい大ものが釣れる! 海上釣り堀入門
海釣り入門に最適! ノベザオでねらうウミタナゴ&メバル
2万円で始める休日の釣り。管理釣り場のトラウトに挑戦!

 
つり人2019年7月号 5月25日発売!


第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。





2019/5/29

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!