カテゴリー

【京浜運河緑道公園】東京都・品川区寄りは釣り場の魅力がいっぱい【クロダイ】 その3(全3回)

編集部 2022年6月29日

東京周辺、そして東京都内に、次々と新たなクロダイフィールドが誕生している。品川区内の京浜運河は古くから釣り人に親しまれているが、以前とは違う新たな表情で楽しませてくれている。

東京では2015年ごろからクロダイの魚影が濃くなった

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

【京浜運河緑道公園】東京都・品川区寄りは釣り場の魅力がいっぱい【クロダイ】 その2(全3回)

編集部 2022年6月29日

東京周辺、そして東京都内に、次々と新たなクロダイフィールドが誕生している。品川区内の京浜運河は古くから釣り人に親しまれているが、以前とは違う新たな表情で楽しませてくれている。

東京では2015年ごろからクロダイの魚影が濃くなった

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

【京浜運河緑道公園】東京都・品川区寄りは釣り場の魅力がいっぱい【クロダイ】 その1(全3回)

編集部 2022年6月29日

東京周辺、そして東京都内に、次々と新たなクロダイフィールドが誕生している。品川区内の京浜運河は古くから釣り人に親しまれているが、以前とは違う新たな表情で楽しませてくれている。

東京では2015年ごろからクロダイの魚影が濃くなった

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2021年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

アジ・メバルロッドでも楽しめる!クロダイ(チヌ)デイゲーム その3(全3回)

編集部 2022年6月21日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

身軽さと奥深さにハマる都会の水遊び

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2020年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

アジ・メバルロッドでも楽しめる!クロダイ(チヌ)デイゲーム その2(全3回)

編集部 2022年6月21日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

身軽さと奥深さにハマる都会の水遊び

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2020年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

アジ・メバルロッドでも楽しめる!クロダイ(チヌ)デイゲーム その1(全3回)

編集部 2022年6月21日

パコンッという小気味よい音でルアーが吸い込まれる魅惑のトップゲーム。なぜトップウォーターなのか。そしてどうすれば多くのバイトを引き出し、フッキングに持ち込めるのか。そのA to Z をキャスティング新大宮バイパス店の石川さんに教えてもらった。

身軽さと奥深さにハマる都会の水遊び

写真と文◎編集部こちらの記事は月刊『つり人』2020年9月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

バイブレーションから始める!クロダイ(チニング)・ハードルアー入門Q&A その3(全3回)

編集部 2022年6月15日

旧江戸川で66cm のクロダイをバイブレーションで釣ったことのある加藤さんは 「ハードルアーを底すれすれに引ければイイ魚に出会えます」と言う。 「根掛かりが怖いです。どうやったら底すれすれに引けるのでしょうか?」 ハードベイトでクロダイを釣るコツを編集部員が教えてもらいました。

流れのある河川ではハードルアーが活躍します!

写真と文◎編集部...

バイブレーションから始める!クロダイ(チニング)・ハードルアー入門Q&A その2(全3回)

編集部 2022年6月15日

旧江戸川で66cm のクロダイをバイブレーションで釣ったことのある加藤さんは 「ハードルアーを底すれすれに引ければイイ魚に出会えます」と言う。 「根掛かりが怖いです。どうやったら底すれすれに引けるのでしょうか?」 ハードベイトでクロダイを釣るコツを編集部員が教えてもらいました。

流れのある河川ではハードルアーが活躍します!

写真と文◎編集部...

バイブレーションから始める!クロダイ(チニング)・ハードルアー入門Q&A その1(全3回)

編集部 2022年6月15日

旧江戸川で66cm のクロダイをバイブレーションで釣ったことのある加藤さんは 「ハードルアーを底すれすれに引ければイイ魚に出会えます」と言う。 「根掛かりが怖いです。どうやったら底すれすれに引けるのでしょうか?」 ハードベイトでクロダイを釣るコツを編集部員が教えてもらいました。

流れのある河川ではハードルアーが活躍します!

写真と文◎編集部...

千葉県/九十九里・栗山川河口のクロダイ&キビレ カニエサの前打ちでねらう! 後編

編集部 2022年6月11日

釣り方はサオいっぱいにラインを出し、できる限り流心に向けて振り込む。着底したらサオ先に神経を集中して、エサが川底を這うようにごくゆっくりと引いては止めてを繰り返す。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    東北のタチウオ、その実態を紐解く。

    THE WILD...

    THE WILD...