カテゴリー

ゆったり浮かぶ「カセ」に乗ってのんびりキビレ釣り 兵庫県尼崎市・武庫川

編集部 2019年4月29日

波静かな入り江などに固定された小舟からクロダイなどをねらう「カセ釣り」は、関西一円で古くから盛んで以前は大阪湾再奥部の淀川にもカセ釣り場があった。

シンプルなブッ込み釣りでOK! ビギナーにも連続ヒットのチャンス

レポート◎高崎冬樹

カレイ釣り/兵庫県南あわじ市/福良湾

編集部 2018年3月9日

淡路島南部、うず潮で有名な鳴門海峡からほど近い福良湾は、古くからさまざまな魚が釣れる波静かな入り江。近年ではエギングやアジングが人気で、海上釣り堀もあることから湾の存在を知る人も多いが、この湾には昔から釣りイカダが設置されている。

サオをズラリと並べてイカダ直下ねらい

レポート◎高崎冬樹

メバル、カサゴほか根魚釣り×温泉/兵庫県洲本市・淡路島観光ホテル前

編集部 2017年12月25日

兵庫県の淡路島に釣りと温泉をまとめて楽しめる施設がある。島南部の東海岸、大阪湾口に近い洲本市は大浜海岸の南、小高い岬に建つ洲本温泉「淡路島観光ホテル」がそうだ。

プライベート釣り場で冬場は根魚三昧!

高崎冬樹◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!