編集部2021年9月4日

バス釣り・スピナーベイトのブレード解説その1(全4回)  ブレードの種類編

PICKUP ブラックバス Basser バス釣り スピナーベイト

 O.S.P でハイピッチャーなどの名作スピナーベイトの開発に携わってきた橋本さんに、スピナーベイトのブレードに関することを伺いました。

スピナーベイト選びがもっと楽しくなる!

編集部=写真・文

 O.S.P でハイピッチャーなどの名作スピナーベイトの開発に携わってきた橋本さんに、スピナーベイトのブレードに関することを伺いました。

この記事はBasser2020年11月号に掲載したものを再編集しています。

 

blade-spinnerbait (1)

橋本洋一(はしもと・よういち)

東京都在住。O.S.P 立ち上げ当初より様々なルアーを並木敏成さんとともに生み出してきた開発部隊の最
古参にしてキーマン。プライベートではトーナメントにも積極的に参戦。
名門釣りサークル日本大学「チャートリュース」出身。若き日のお気に入りスピナーベイト遍歴は「バイブラシャフト→クリスタルS→SRミニ」

 

 

ブレードタイプ別の傾向

 

―本日はよろしくお願いします。

今回はO.S.P でハイピッチャーなどの名作スピナーベイトの開発に携わってきた橋本さんに、スピナーベイトのブレードに関することを伺いたいと思います。

早速ですが、スピナーベイトには大きく分けて細長い「ウイローリーフ」、丸形に近い「コロラド」いずれかのブレードが装着されていることが多いです。 それぞれのタイプでどういった特徴が現われるのかを教えてほしいです。

 

blade-spinnerbait (25)

 

 

橋本 大前提として、ブレードタイプ別に特徴を決めつけるのは難しいです。たとえば、同じウイローリーフでも長さや幅、カップの深さなどで性格はまったく違うものになってきます。

よって、ここからの話はあくまで「傾向」として考えていただきたいです。

 

 

―一概には言えない、ということですね。

 

 

ウィローリーフ

 

橋本 まずはウイローリーフの特徴から。

 

blade-spinnerbait (26)

①面積が広いのでフラッシングが強い

②ブレードの回り出しが悪い

③バイブレーションは弱い

 

こういったことが挙げられます。コロラドブレードはこの反対の特性を持ちます。

 

コロラドブレード

 

 

blade-spinnerbait (22)

①フラッシング効果は薄い

②ブレードの回り出しがよい

③バイブレーションが強い

 

フラッシング効果に関し てはイメージしやすいと思 うのでここでは触れません。

 

②に関して、これは着水直後のブレードの立ち上がりや、カーブフォールやスローロールでのブレードの回りやすさのことです。 この機能には「ブレードの横幅」と「重量」が関係してきます。

 

まず、ブレードの横幅は広いほうが水を掴む距離が長くなるので回り出しがよくなります。 さらに、ブレード全体の重量も軽いほうがレスポンスはよくなります。

 

コロラドブレードのほうが横幅が広い傾向にあり、同番手なら重量もウイローリーフに比べて軽くなるので、総じて回り出しがよくなるのです。

 

また、回り出しのよさに関しては、ブレードの最大幅がどの位置にあるかもかかわってきます。   最大幅がブレード前方にあるほうが早い段階で水を掴むので回り出しがよくなります。

 

反対に、後方に重量が寄ったブレードは遠心力が働きやすくなるので、このあと説明する 「回転系バイブレーション」が強くなる傾向にあります。

 

では、そのバイブレーションに関して、さらに突っ込んで見てみましょう。

 

 

次回はブレードにより生み出されるスピナーベイトのバイブレーションについて解説します!

 

 

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。