編集部2021年10月20日

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 広瀬達樹さんの場合

PICKUP オオモンハタ アカハタ ロックフィッシュ

 ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。広瀬達樹さん編です。

アピールの強弱を使い分けたロックフィッシュ攻略

解説◎広瀬達樹

まとめ&写真◎猪俣博史

  

ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。

今回は広瀬達樹さんの一軍ルアーと神ルアー、そして最終奥義をご紹介します!

 

こちらの記事は 好評発売中の「ロックフィッシュAnglers!」から抜粋したものです。 各地で人気のゲームフィッシュの最新テクニック&エンジョイノウハウをLiveレポート! 今最も気になるロックフィッシゲームの奥深い魅力を発信! もっと楽しく、奥深く。これから始めてみたい人だけでなくステップアップしたい人にもおすすめの一冊です。是非ご覧ください! ↓↓↓

 

ご紹介するルアーのメインターゲットは・・・

 

今回ご紹介するルアーのメインターゲットは

オオモンハタ、アカハタ 

です!それでは広瀬達樹さんおすすめのルアーを見ていきましょう!

  

ブレードのフラッシングで強力アピール

 

 ロックフィッシュねらいは大きく2タイプに分けられる。まずはテキサスリグ、フリーリグ、ジグヘッドなどでボトムをメインにねらうワームの釣り。もうひとつが私のスタイルであるショアジギング&ショアスロー、キャスティングラバージグ(キャスラバ)だ。これはボトムではなくリトリーブの釣り。オオモンハタはリトリーブアクションに非常に反応がよいのでこのスタイルが理にかなう。最近のマイスタイルはブレードチューンされたメタルジグのただ巻き。オオモンハタはブレードのフラッシングに好反応を示すので、ジャークよりリトリーブがメインとなるのだ。

 

釣れる!一軍ルアー

 

ジグラバースルー ネクタイタイプ(メジャークラフト)

E-1

ターゲットはもちろんオオモンハタだが30gでボトムが取れないなら40g、それで根掛かり多発なら30gを使う。まずフルキャストしてボトムまで沈め、着底後すぐに中層までリトリーブして再着底、そしてまたリトリーブの繰り返し。遊泳力の強い大型は速い動きにもバイトしてくる。遊泳力の弱い小型を避けてデカイ魚だけに照準を絞ってねらい撃つなら高速リトリーブが有効だ。

 

マキジグスロー(メジャークラフト)

E-2

オオモンハタが好反応を示すブレードを標準装備。ジャークやリフト&フォールでも使えるが、基本的にはリトリーブがベストアクション。オオモンハタは甲殻類よりも魚食性の強い魚なので、メタルジグおよびブレードのフラッシングが効く。マキジグジェットより沈下スピードがスローなので、フォールでのバイトも多いのが特徴。飛距離も抜群で広範囲をサーチ可能だ。

 

ジグラバースルー オフセットタイプ(メジャークラフト)

E-3

オフセットタイプにはファイティングクロー2.4inやパラワームグラブ2.3inをセットして使用。テキサスリグのように用いたり、グラブやシャッドをセットしてリトリーブすることも可能。10~20gなのでシャローを探る際に有効。また、エギングロッドやシーバスロッドでのお気軽ロックフィッシュゲームにもおすすめ。替えフックでネクタイタイプをセレクトすればリトリーブスタイルに対応。

 

思い入れ強烈!神ルアー

 

ジグラバースルー30g&40g 腹グローカラー(メジャークラフト)

E-5

私のジグラバースルー愛は日本一、いや世界一かも。腹グローは朝夕のマヅメ時やニゴリ潮に絶対的に強い。ちなみにヘッドは根掛かりでロストするまで何度でも使用するが、フックは必ず新品の替えフックに。ボトムを取る釣りなので、知らないうちにハリ先が甘くなっている。私は再利用して何度も悔しいバラシを経験ずみ。フックは新品! お忘れなく!

困ったときのファイナルウェポン(最終奥義)

 

ジグラバースルー ネクタイタイプ(メジャークラフト)

E-4

低活性時はリトリーブへの反応が悪くなるので、ネクタイタイプの30g、40gのフックをオフセットタイプにチェンジしてワームの釣りにスイッチ。リフト&フォールでオオモンハタの目の前にルアーをアプローチさせ、何とか口を使わせる作戦。この釣りに切り替えるとアカハタ率がアップするので、アカハタをメインターゲットとするなら最初からこのパターンがよい。

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。