カテゴリー

ノイジーへの「激しいアタック」が示すもの/トップウォーターの進化論/津波ルアーズ 後編

編集部 2021年8月31日

ネオ・ビーツ・シリーズの場合は、カップを本来固定するべきラインアイのヒートンと、その下側のビスが少し余裕をもって取り付けられている。さらにはカップ側のそれらを通す穴も少々大きめ。アクションすることでこれらはお互いに触れ合って、さらにはボディー側に取り付けてあるアルミのリベットとカップが触れ合って干渉音を放つ

名作の誕生に共通する「偶然」のチカラ

元木正実=文

海馬のブレードが光るとき/トップウォーターの進化論/痴虫 前編

編集部 2021年8月30日

痴虫で始めにブレードを使用したルアーは海馬でした。当時川のテトラ地帯をダブルスイッシャーのただ引きで攻めるのが好きだったのですが、いかんせんキャストの精度が甘く、テトラにぶつけてはリアのプロペラを壊してしまうのが悩みでした。「それなら、そのリアのプロペラを壊れにくいようにブレードに置き換えればいいのではないか?」というのが始まりでした。

僕はブレードとフラッシングを愛してしまった男

...

ネオ・ビーツ・シリーズのサウンドが生まれた舞台裏/トップウォーターの進化論/津波ルアーズ 前編

編集部 2021年8月30日

ノイジーと言われるこのタイプのプラグの何がここまでバスという魚を惹きつけるのか。それは文字どおりそのノイズと、ぐいぐい水を押すその波動が要因と見てまず間違いないと思う。それがどうにもバスをいらいらさせて、そして遂には襲いかからせる。

名作の誕生に共通する「偶然」のチカラ

元木正実=文

山梨県/河口湖 バス釣り おすすめシーズナルパターン 秋編(9月中旬~10月下旬)

編集部 2021年8月29日

バスフィッシングファンなら誰もが一度は耳にしたことがあるフィールド、それが河口湖だ。 都心からのアクセスもよく、富士五湖の中でも特に釣りが盛んな湖である。 バス釣りはボート、オカッパリ問わず人気が高く、また日本のトーナメントシーンの最前線として輝き続けている。今回はシーズナルパターン秋編をご紹介!

富士山の麓に広がる最先端のバスフィールド

解説◎中田敬太朗

KEITECH(ケイテック)/ノイジーフラッパーのバジングフロッグ革命 その2(最終回)

編集部 2021年8月29日

スローリトリーブに対応。フックアップ率が高い。ノイジーフラッパーの構造について、同ルアーの開発者でありケイテック社長である馬路さんにお話を伺いました。最終回!

カバーに臆せず投げれる味方!ジャパンクオリティのバジングフロッグ

写真と文◎編集部 

センドウタカシ/ちょい重!?スモールラバージグでのバス釣り おすすめの使い方 その2(最終回)

編集部 2021年8月28日

現代日本のバスフィッシングシーンにおいて、もはやなくてはならない存在ともいえるスモールラバージグ。 いつでも、どこでも、オールマイティーに使える必釣ルアーです!最終回!

タフな時だけじゃない!?いつでもどこでもスモラバは活躍します!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

KEITECH(ケイテック)/ノイジーフラッパーのバジングフロッグ革命 その1(全2回)

編集部 2021年8月28日

スローリトリーブに対応。フックアップ率が高い。ノイジーフラッパーの構造について、同ルアーの開発者でありケイテック社長である馬路さんにお話を伺いました。

カバーに臆せず投げれる味方!ジャパンクオリティのバジングフロッグ

写真と文◎編集部 

北大祐さんによるクランクベイト徹底レクチャー!

編集部 2021年8月28日

DVD『THE CRANKER』視聴者特典イベント開催レポート バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

DVD『THE CRANKER』視聴者特典イベント開催レポート

サイト・ビー=まとめ

センドウタカシ/ちょい重!?スモールラバージグでのバス釣り おすすめの使い方 その1(全2回)

編集部 2021年8月27日

現代日本のバスフィッシングシーンにおいて、もはやなくてはならない存在ともいえるスモールラバージグ。 いつでも、どこでも、オールマイティーに使える必釣ルアーです!

タフな時だけじゃない!?いつでもどこでもスモラバは活躍します!

写真◎編集部 文◎センドウタカシ

バス釣り用バズベイト入門  その4(最終回)~おすすめバズベイトのカタログ&インプレッション・後編~

編集部 2021年8月27日

 各メーカーから発売されているバズベイトを紹介。編集部が現場で実際にキャストした際のインプレ付きで紹介します。使ってみたいバズベイトが見つかるハズ!後編です!

よりどりみどり!水面狂騒者大集合!

写真と文◎編集部

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。