カテゴリー

茨城県北茨城市・平潟港&大津港のサビキ釣り

編集部 2020年7月10日

荒天時にもおすすめの大型港。多彩な釣りで楽しめる!

磯ザオ2号をたわわに曲げてくれたのはウミタナゴ。カイズと見間違うほどの良型だ

サビキ釣りのほか、投げ釣り、ダンゴ釣りなども楽しめる

レポート◎上坂哲史

カレイ釣り/茨城県ひたちなか市・磯崎港

編集部 2017年11月24日

常磐地方とは、茨城県と福島県の太平洋岸一帯を指す。このエリアの海岸線のほとんどは遠浅の砂浜海岸だが、大小さまざまな港も点在している。

阿字ヶ浦海水浴場の隣りに位置する小さな漁港が磯崎港だ

多彩なカレイを投げ釣りで!

ハゼ釣り/茨城・涸沼川(涸沼川橋下)

編集部 2017年9月25日

ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

涸沼川橋の直下にある護岸帯が釣り場。カイズやフッコなども釣れるポイントだ

根掛かりは多いが大型が期待大

時田眞吉◎文・写真

マブナ釣り/茨城県かすみがうら市・戸崎のホソ

編集部 2017年8月25日

まだまだ暑い夏は続いているが、秋はすぐそこまでやってきている。春生まれた小ブナもすくすくと育ち、活発にエサを取るようになってくる。数釣りが楽しい秋の小ブナ釣りシーズンの開幕である。

7月上旬の下見では2時間ほどで30尾の釣果だった

秋の小ブナ釣り前哨戦

案内◎坂本和久

マブナ釣り 茨城県 稲敷市・ザコ川

編集部 2017年4月25日

平成28年の春ブナ釣りも終盤戦。今年は温暖な陽気に加え、雨も多いので、この原稿を作成している3月14日現在、すでに大釣りをしたとの報告も入っている。今年のマブナの動きは早いかもしれない。

仕掛けのロストを恐れずにボサを積極的にねらいたい

半ヅキ仕掛けでアシの切れ目ねらい

坂本和久◎レポート

マブナ釣り 茨城県 鹿嶋市・志崎第一排水樋門のホソ

編集部 2017年4月25日

春の空気をお腹いっぱい吸い込んで、通い慣れた土手道をゆっくりと走る。陽光を浴びた北浦の湖面は、キラキラと輝いて美しい。今年も、こんな季節を迎えられた喜びは、私を穏やかな釣りに導く。

春うららかな陽気は静かに小もの釣り

若林隆生◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。