毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カープロッドの実釣テスト

カープロッドの実釣テスト

つり人編集部=写真と文


ピュアフィッシングが現在開発中の
カープロッドの実釣テストに同行してきました。


場所は多摩川の稲田堤。

テストするのは染谷修平さん。
先ごろフランスで行われた
国際大会WCC(ワールド・カープ・クラシック)に
日本人として初めて出場し
16位入賞という好成績をおさめたサムライだ。



「このサオ、かなりいい線いってますよ(笑)」

染谷さんは振り出しタイプのテストロッドで
70センチクラスのコイを掛けて
反発や腰の強さ、粘り具合などをしっかりとチェックする。

釣り場は浅いだけに魚がよく走り
ロッドテストにはうってつけだ。



11月だけで90センチオーバーを3尾手にしたという染谷さん。
今日は70センチクラス止まりだったが
サオのテストはばっちりだったようだ。


手前が4ピースモデルで奥が振り出し


ロッド開発担当の飯高さんが染谷さんのアドバイスを漏らさずメモる


飯高さんも自らサオを曲げる


飯高さんは多摩川のコイを釣って育った
生粋の川崎っ子。

これまでに
バス、シーバス、トラウト、エギングなど
さまざまな釣りザオの開発に携わってきたが
カープロッドは初めて。

子供のころから慣れ親しんできたコイのロッドを作るということで
強い意気込みが感じられた。

今のところ
発売は来春を予定しているとのこと。

どのようなサオが生まれるのか
今から楽しみだ。

(山根)










2009/12/2

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中