川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

華麗なるカープフィッシング

華麗なるカープフィッシング

つり人編集部=写真と文


フランスで子どものころからコイ釣りをして育った
シルヴァン・ガラスさんのコイ釣りは
一言で表わすと「攻めの釣り」だった。

昨日は多摩川の下流部でサオをだしたが
ねらうポイントひとつとってみても
地元のベテラン勢とは大きく異なっていた。


フランスから持参したというシルヴァンさんのタックル


カタパルトで正確にフィーディングする


魚の動きを読んで時に強く、時にやさしくやり取りする

1月上旬にはフランスに帰ってしまうということで
昨日は急きょ同行させていただいたが
仕事がひと段落したら、再び日本に戻ってくるという。

もちろん、日本の鯉を釣るために。

「フランスでは1週間やって1尾しか釣れないこともあります。
でも、その分、魚は20キロ、30キロという大型が釣れます。
日本は、そこまで大きいのは難しいかもしれませんが
数が釣れますね。
一発大型ねらいも面白いですが、数釣りも面白いです(笑)。
多摩川は本当に素晴らしい釣り場ですよ」





それにしても、カープフィッシングは素晴らしい。
世界各国の人と釣りを通じて友達になれるのだ。

ちなみに、
月刊つり人やCarp Fishingにも何度か登場していただいている
スペイン人のロベルトさんも
多摩川中流域の登戸に暮らし
暇を見つけては多摩川でサオをだしている。

これまで、海外の人たちと釣りで関わる機会があったのは
バスやフライ、トローリングなどだったが
手軽さと国の数でいったら
カープフィッシングが一番だろう。
なにしろ、ヨーロッパ全土、アメリカ大陸、アジア、
最近は南アフリカでもブレイクしているのだから。

今後、日本でどれくらい普及していくのか
今から楽しみである。

(山根)






2009/12/15

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年5月号

特集は『タナゴ マブナ クロダイ ウミタナゴ カレイ……春のワクワク釣り場完全ガイド「堤防・小磯」&「湖沼」』。春タナゴ&乗っ込みマブナ入門、乗っ込みマブナ釣り場、タナゴウキの浮力実験、アジのカゴサビキ釣り入門、アジ釣り場紹介、三浦半島ドローン釣り場……などを掲載。陽光が日ごとまぶしさを増す季節。身近な海や水郷のあぜ道に繰り出せば、きらきらと銀鱗を輝かせる元気な魚たちが、春の目覚めとともに命の躍動を伝えてくれる。家族と、友人と、たっぷり遊んで満ち足りる一日。貴方・貴女の「行きたい!」はどれですか? そのほか、バチ抜けシーバス入門、桂川支流鶴川のヤマメ釣り、渓流ファン5人による解禁レポートなどをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中