毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

イルカ漁告発映画がアカデミー賞

イルカ漁告発映画がアカデミー賞

つり人編集部=写真と文

和歌山県太地町のイルカ漁をテーマにした映画
THE COVEがアカデミー賞の長編ドキュメンタリーを受賞した。

イルカ漁をテーマにしたというと響きはいいが
イルカ漁を一方的に批判した告発ものらしい。

イルカはかわいいから殺したらかわいそうということなんだろうが
なぜ、アメリカ人はそういう発想をするんだろうか。
かわいくても、かわいくなてくも、命の重さは同じだろう。
彼らの主食ともいわれる牛はかわいくないんだろうか。

ぼくの父は貧しい農村で育った。

子牛も何頭か飼っていて
子どもだった父は毎日子牛の世話をしていた。

子牛がある程度大きくなると
肉屋に卸さなければならない。
弟のように可愛がっていた牛を
業者に渡すのは胸が張り裂けそうだったが
家族が食べていくためには、仕方なかった。

子どもだった父が泣きながら牛を業者に渡すと
牛も自分が殺されるのが分かるのか
決まって涙を流すのだという。
涙を流しながら少年に向かって何度も泣くのだと。

「牛は自分が殺されるのが分かるんだぞ」

幼いころ、何度となく父から聞かされた話だ。

その話を聞いた夜
ぼくは布団に入ってよく泣いた。
「もう牛なんて食べない」
とその時は強く思うのだが
1か月もするとすっかり忘れて
「たまには肉食べさせてよ」
なんて母に言ったもんだ。

牛や豚をもりもり食べて
イルカを食べる文化を批判する。

これを人間のエゴといわずして、なんと言おうか。

(山根)







2010/3/8

<< 2010/3 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中