川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾湾央に潜む魔魚

東京湾湾央に潜む魔魚

つり人編集部=写真と文

ボートクロダイ落とし込み釣りへ。
未明の横浜は新山下に集合。
あぶない刑事が派手なドンパチをしそうなシチュエーションだ。
hune1.jpg
ボートクロダイ釣りの朝は早い

現在発売中の月刊つり人10月号のクロダイ特集の中で
落とし込み入門ガイドの講師を務めていただいた
飯田純男さんに同行である。
飯田さんはボート落とし込み釣りの腕前もかなりのものだという。

しかし、出船早々、「舟黒」船長の池田暁彦さんと飯田さんが、
なにやらヒソヒソ話。
「なんか潮が悪いんだよねえ」
「ちょっとヤバイっすねえ」

よからぬ話が聞こえてきた。
飯田さんに詰め寄ると、
やはり、数日前から潮が悪くなり、
クロダイの活性が突然渋くなったという。
「ハ~(v_v)、今日こそは自分でも釣れると思ったのに…」
あからさまに落ち込むと、
「いやいや、ボートからの場合、悪いといっても釣れないことはありませんから」
と飯田さん。

マッマジっすか?

たしかに悪いといいながらも、
開始1時間ですでに2尾の本命を釣った飯田さん。
hune2.jpg
最初に釣れたのは小ぶりだったが、ほんの序章に過ぎなかった

そろそろオレもサオだしちゃおうかな(=^_^=)

と、思ったところで再び2人のヒソヒソ話。
どうやらターゲットを変えるらしい。
「ナニをねらうんですか?」
「☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆」

エーッ!

そんなのが東京湾のそれも横浜界隈で釣れるんですか!?

半信半疑で見ていると
カラスガイの剥き身エサに、想像だにしなかった魚が食いついた。
これで、僕も完全にスイッチオン。
壁スレスレに仕掛けを落とす。
サオ先を下げてイトを送り込む。
と、イトが入っていかない。
よく見たらエサがカラスガイの層に引っ掛かっていた。
いかん、いかん。

エサを着水させてイトを送り込む。
と、再びイトの入りが止まった。
また、カラスガイの層に引っ掛かったか?
いや、ちゃんと仕掛けは海中に入っているぞ。
ということは…。

恐る恐るサオ先で聞いてみる。
グングンという魚の手ごたえ。
「来たっ~!!!」

合わせると確かな手ごたえ。
デカイぞ、これは。
と思った刹那、魚はギアをいきなりトップに入れて疾走。
あっ! と思ったときにはミチイトが飛んでいた。

百戦錬磨の飯田さんもバラシを連発しつつも、
3尾ほどをキャッチした。
さすがだ。

それにしても、まさかこんな魚が東京湾の湾央にいるなんて…。
hune3.jpg
湾央に潜む魔魚の正体を知りたい方は月刊つり人11月号(9月25日発売)をぜひ!




2006/9/5

2006/9 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中