毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

北海道の天然アユが日本一に!

北海道の天然アユが日本一に!

つり人編集部=写真と文

各地の川のアユの味を食べ比べる
利き酒ならぬ「利き鮎」会が今年も高知市で開催されました。
主催は高知県友釣会連盟。
正式名称は清流めぐり利き鮎会。

19回目となる今年は
全国56河川のアユ2900尾を塩焼きにして
河川名を明記しないで280人の審査員が食べ比べました。

結果、北海道の黒松内町が出品した朱太川のアユが
北海道の川として初のグランプリを獲得ました。

朱太川のアユに関しては、月刊つり人でもこれまでに何度か取り上げてきました。
アユの放流量と漁獲量は比例しないということで
2013年から放流を止め産卵床を整備するなど天然アユを増やす試みを続けています。
そうした町の努力が報われたのでしょう。

北海道のアユ釣り事情に関しては
来年の別冊鮎釣りで紹介する予定です!




※写真は利き鮎会で過去3度グランプリに輝いている岐阜県和良川のアユです








2016/9/15

<< 2016/9 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年8月号

特集は「心も体も川に溶け込む夏遊び 最新! アユの清流案内」。今号ではソ上、放流、種苗、水況にいたるまで全国の有望アユ河川の最新情報をお届け。清流の爽快な思い出作りを徹底的にサポート。群れアユ攻略の「見釣りのテクニック」、渓流相のハリ合わせ、場荒れ河川で平均釣果を上げる「小澤聡のアユ釣り超思考法」などの技術力アップ記事も見逃せない。ビギナーでも楽しめるテナガエビ釣りは関東、関西のフィールドを紹介。100尾オーバーを目指す人向けに最近テクニックも公開している。そのほか、今が好機のシロギス釣り入門、腰越港出船のマダコ釣り、宮城県のマガレイ、南紀白浜の深海釣りなど旬の釣りを多数掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中