毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ジョンと釣りへ…

ジョンと釣りへ…

つり人編集部=写真と文

『フィッシング・ウィズ・ジョン』という映画をご存知でしょうか?
タイトルどおり、ゲストがジョンと一緒に釣りをする映画で、
DVDの発売を記念して、現在渋谷、大阪でリバイバル上映されています。
(渋谷の上映詳細はコチラ、大阪はコチラ
ジョンとトム.jpg

この“ジョン”というのはジョン・ルーリー。
知る人ぞ知るミュージシャンで、映画音楽なども手掛けている人。
というわけでゲストには映画俳優、監督、そしてミュージシャンが集まっています。
ジョン・ルーリーは知らずとも、
ゲストのジム・ジャームッシュ、トム・ウェイツ、マットディロン、
ウィレム・デフォー、デニス・ホッパーなどは聞いたことがあるはず。
個人的に好きな監督や俳優、ミュージシャンが集まっているので、
僕は昔上映された時に観たのですが、
まともに魚が釣れた画は少なかったような……。
まあ釣りのテクニックや魚とのファイトを期待して観に行く映画では
ないかも知れません。

じゃあ何が面白いのかといえば、
のんびりしたというか、飾らないというか、
とにかくゆるい雰囲気で釣りをし、
リラックスしたゲストたちの素顔が見られることでしょう。

僕の場合、釣りは魚が釣れるのも大事ですが、
やはり気の合った仲間と水辺で過ごすのも楽しみのひとつ。
この映画を観た時は、そんな楽しい釣行の記憶が蘇り、
観終わった後は、まるで森林浴でもしたかのように
癒された記憶があります。

というわけで
あまり釣りに行くヒマもないという人は、ぜひ一度ご覧になってください。
気分がリフレッシュできるのはもちろん、
なにしろほとんど魚が釣れないので、確実に優越感に浸れるはずです……。
ボートで.jpg


2007/4/2

2007/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中