川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2007DAIWA鮎マスターズ南関東地区大会in相模川 速報!

2007DAIWA鮎マスターズ南関東地区大会in相模川 速報!

つり人編集部=写真と文
ダイワ鮎マスターズ南関東地区大会in相模川が開催された。
会場は相模川の高田橋下。

syuugou.jpg
平日というのに約220名が集った

ipponze.jpg
7時~10時30分の予選リーグは文字通りのサオの林

好調が伝えられている相模川。
とはいえ、好ポイントには釣り人が集中したため
共倒れが予想されたが、
相模川の底力の前には、そんな懸念は杞憂に終わった。
開始30分ほどすると、川のいたるところでサオが曲がり始めた。

satou no1.jpg
24尾で予選をトップ通過した佐藤裕司さん

予選を通過できるのは上位30名。
通過ラインは8尾前後と予想する向きもあったが
なんと実際は13尾。
熱戦というに相応しい大会となった。

12時30分~14時30分までの決勝は
高田橋の一本瀬で行なわれた。
蒸し暑さが増し、混戦が予想された。
開始早々から着実に数を伸ばしたのは
渋谷サンスイ川釣り館勤務の佐々木広人さん。
佐々木さんは、G杯とジャパンカップですでに
ブロック大会進出を決めているトーナメンター。

sasakihiroto.jpg
結局、14尾で4位に入賞し、ブロック大会出場を決めた佐々木さん

3位になったのは6月25日発売の
月刊つり人8月号にて
相模友釣同好会会長の平井幹二さんとともに
「保存版! 相模川・中津川 入れ掛かりアユMAP」
を解説していただいた小室伸一さん。
平井さんが絶賛するテクニシャンだけあって、
危なげない試合運びで14尾。
重量勝負で3位となった。
komurosan.jpg
甘いマスクと優しい人柄で今後が楽しみな小室さん

2位には、こちらもマスターズブロック大会常連の
工藤一郎さん。
友技会に所属する工藤さんは数年前の相模川大会で優勝をしている。
全国大会での上位入賞がないのが不思議なくらいの実力者。
kudouitirou.jpg
後半から猛追をみせた工藤一郎さん

そして優勝は、なんとマスターズ初参戦という
小田原市在住の藤間一宏さん。
独特のベタザオ釣法で瀬肩をねらい、大金星をあげた。
藤間さんはなんと、相模川も初めてとのこと。
hujimasan.jpg
15尾で優勝を手中にした藤間さん

今大会は稀に見る混戦で、
見ている側もドキドキハラハラ。
そしてなんといっても今夏の相模川はこれだけの熱戦の舞台になる
ということが、近くに住むひとりとしてはゾクゾクしてならなかった。

全国のアユ釣りファンの皆さん、
今年の相模川はスゴイですよ!
ぜひとも現在発売中の月刊つり人8月号に掲載されている
「入れ掛かり相模川・中津川アユMAP」を手にして
相模川でサオをだしてみてください!(山根)





2007/7/3

2007/7 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中