毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

メジナ、メバル釣り
神奈川県横須賀市・リサイクルプラザアイクル裏

都会のオアシスでのんびりファミリーフィッシング

時田眞吉◎レポート
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=時田眞吉
昭和39年生まれ。埼玉県富士見市在住。釣り雑誌編集者を経てフリーに。クロダイを得意とするが、多彩なジャンルの海の陸っぱり釣りもこなす。クロダイの自己ベストは59cm

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。

tokyo_kinko (6) アイクルは市が運営するリサイクルをアピールするための施設だが、釣り人に釣り場として一部開放している


 横須賀市に位置する長浦港(湾)は、天然の良港として知られる。横須賀港と新井掘割で直接繋がる。長浦港の中にある深浦湾の貝山緑地脇にある「リサイクルプラザ・アイクル」の敷地内に、釣りのできるスペースがある。釣り場は施設の裏で、海に面した岸壁に柵が設置され、通路は緑道風に整備されている。ベンチなどもあるので、ファミリーでの釣行にもおすすめ。入園&駐車場が無料であり、トイレや自販機も設置されている。釣り具やエサなどは各自持参すること。

 人気ポイントは通路中央付近から奥の角辺りまで。正面沖に養殖ダナがあり、そこからサオ下近くまで魚が回遊してくる。水深は足もとで3~4m。透明度が高いので小魚の回遊がよく見える。少し沖は海藻類が多く、メジナやメバル、ウミタナゴなどが多い。

 ここでの釣り方は、超ライトなカゴ釣りがおすすめ。一般的なサビキ釣りと同様のタックルで、仕掛け部分をドウヅキ仕掛けか、エサを装着できる素バリのサビキ仕掛けにするだけ。釣り場のバックスペースが狭いので長いサオは不向き。3m前後のシーバスロッドや投げザオを用意したい。リールは2~3号のミチイトを100mくらい巻いたスピニングリール。オモリは4~8号を用意し、潮の速さで使い分ける。付けエサにはオキアミとアオイソメを使用。寄せエサはアミエビに配合エサを混ぜてもよい。

 釣り方もサビキ釣りとほぼ同様。まずは、カゴに寄せエサを入れて仕掛けを投入。オモリが底に着いたらイトフケを取り、サオを軽くシャクって寄せエサを撒く。その煙幕の中に仕掛けが入るようにする。

 また、広く探りたい場合はカゴを外して、チョイ投げにするとカサゴやソイなどもヒットする。ここは根の起伏があるので仕掛けの予備は多めに用意しておきたい。

06niban 交通●横浜横須賀道路・朝比奈IC下車。環状4号からR16に入り横須賀方面へ。追浜駅前交差点を左折し2kmほど道なり進み、突き当たりの右手側に建物が見える
問合先●リサイクルプラザ・アイクル(℡046・866・1196)※基本的に月曜日が休館日。開園時間は8時30分~21時まで。半夜釣りは可能




2017/4/25

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中