毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

オススメの鮮魚居酒屋

オススメの鮮魚居酒屋

つり人編集部=写真と文

磯釣りのメッカ南伊豆をホームグラウンドに
30年近く磯魚を追い求めてきたベテラン
桜井裕さんによる磯釣り入門書
磯釣り
の売れ行きがいいようだ。



昨夜、著者の桜井さんと
本の製作に携わったフリーランスらとともに
ささやかな打ち上げを行なった。
(ワリカンでごめんなさい…)

会場は
新宿3丁目の鮮魚居酒屋「鮮漁箱」



昨年の6月にオープンしたばかりというだけあって
店内は清潔感あふれ
モダンな雰囲気が漂う。

編集部のある神田神保町にはないタイプの店で
最近、ちょこちょことお世話になっている。

メニューは魚介中心ながら
ぼくのお気に入りはレタシャブ。



レタスのしゃぶしゃぶのことなのだが
これが、どうしてどうして後を引く味わい。

これを目当てに訪れる女性客も多いとかで
昨日もほぼ満席状態だった。
(本の街、神保町では見かけないタイプの女性客が多いのも特徴…)

そして、もうひとつ
ぼくがいつも楽しみにしているのは
アカホヤの塩辛。

写真手前がアカホヤの塩辛

ホヤマニアには物足りないかもしれないが
「ちょっとホヤは…」
という向きでも
「うん、これはイケる」
とうなずくことうけあいの逸品。

もともと
珍味といわれる類は好物だったぼくだが
以前、津軽でホヤを5人分ほど食べざるを得ない状況になり
それ以来、
「ホヤはもういいかも…」
状態に陥っていたのだが
鮮漁箱に行くようになってから
ホヤ好きの血が騒ぎ出したしだい。

また、焼酎、日本酒の品揃えは申し分なく
左党には垂涎の銘酒がずらりとラインナップしている。

編集部のうわばみ、M野など連れて行ったら
大変なことになりそうだ…
(山根)







2009/9/30

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中