毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

またまた多摩川で大ゴイラッシュ

またまた多摩川で大ゴイラッシュ

つり人編集部=写真と文

コイ釣りのエキスパート
福安佳秀さんが多摩川でサオをだすのは
今日が4度目である。

愛知県在住の福安さんが初めて多摩川を訪れたのは
25年ほど前。

2度目は
月刊つり人の取材で2009年の4月。
このときは93センチを頭に
半日で12尾のコイを釣った。

3度目は、それから半年後
つまり今月上旬。
このときも、90センチオーバーまじりで
9尾を釣った。
DVD鯉魂シリーズのロケと
Carp Fishing誌の取材を兼ねていた。

そして、4度目。
「この間、下見をした中で
どうしても気になった場所があったので
また来てしまいました」
福安さんから連絡をいただいたのは昨日のことである。

愛知県からはるばる4時間。

日本各地を釣り歩いたベテランをひきつけるものが
多摩川にはあるという。




今日サオをだしたのは
多摩川最下流部に架かる大師橋の上流エリア。

この時期はもっぱら
地元の釣り人はブッコミでハゼをねらうエリアで
コイをねらう人の姿はあまり見かけない。

しかし、水温が下がる冬場は
一発大型が期待できる場所だと福安さんは読んだのだった。



そして、その読みはスバリと当たり
マグロのように丸々と太ったコイが
次々と当たったのである。

PB243436


今日は大ものねらいだったため
最初から20ミリのボイリーを使用した。
それでも、ひったくるようなアタリが連発し
「ほとんどスレていないみたいですね」
と福安さん。

「ここはメーターオーバーがねらえますよ。
メーターに照準をしぼって、また出直してきます」

福安さんはそう言って
夕暮れの多摩川を後にしたのだった。

(山根)

2009/11/24

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中