毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

鮎と初鰹 魯山人とジョブズ

鮎と初鰹 魯山人とジョブズ

つり人編集部=写真と文

今発売のサライ6月号の特集は
「鮎と初鰹」。
特集タイトルに
ついつい、釣られてしまった。

もちろん一般誌なので
釣りではなく食べるほう。
でも、勉強になります。

ちなみに、先日のこのブログで紹介した
新橋鮎正もしっかりと登場しています。

このような特集の中に決まって登場するのが
北大路魯山人。
で、彼の会員制料亭「星岡茶寮」。

もちろん雑誌の特集の中では
魯山人は食の大家としてのみ登場しますが
魯山人の人物伝などを読むと
かなり激しい気性だったようで。
それゆえ、とても寂しい晩年を過ごされたとか。

ジャンルはまったく違うけれど
今、世界中が最も注目をするアップル社のCEO
スティーブ・ジョブズ氏と魯山人って
どこか似ているような気が……。

そう、ふたりに共通するのは
絶対に妥協をしないという点。

たとえば
iPhoneをはじめとする同社の端末のタッチパネルって
遊び心満載で、とても魅力的だけど
あのような機能を開発するにあたって
何人もの技術者がジョブズに罵倒され去って行ったとか。

あそこまで独創的な商品は
残念ながら昨今の日本製品には見られないような気がする。
和を重んじる日本の企業の場合
上司から
「これができたら面白いと思うんだが、なんとかならないか」
と言われたら
程度の差にもよるだろうけど無理な場合は
「ぜひやりたいところですが、現状だと技術的に厳しいと思います」
となってしまうと思う。

しかし、ジョブズ氏はそれを許さないのだとか。

その点、魯山人も
料理の出汁の取り方から盛り付ける食器まで
いっさい妥協を許さなかった。

最終的に魯山人の場合は誰もついていけなくなったというが
はたしてジョブズ氏はどうだろうか…。

(山根)


2010/6/8

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中