毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

渋谷、麻布を流れる川

渋谷、麻布を流れる川

つり人編集部=写真と文


若者の街、渋谷を流れる渋谷川は
港区に入ると古川と名を変えて
JR浜松町駅あたりで東京湾に注ぐ。
全長約7キロの2級河川である。


麻布を流れる古川

まあ、一般人には川というよりも
ドブのように映っているのかもしれないが
よく見ると三面護岸ではない。
両岸は他の都市河川同様にカミソリ護岸だが
川底は護岸されていない箇所もある。

今日の昼下がり
麻布をてくてく歩き
古川に出会った。

「この川底ならテナガエビでもいそうだな」
なんて思ってしばし凝視していると
小魚が大量に死んでいるではないか!


川底に小魚の死骸が…

この季節に
川底が白くなるくらい大量に死ぬ魚といえば、アユか……。
まさか、こんな川にもアユはのぼるのだろうか。
いや、神田川にものぼるくらいだから
ありえるかもしれない。
でも、イナっ子の可能性もある。
それにしては細いか。
やっぱり、アユのような気がする。

それにしても
古川(渋谷川)にコイではなく
こんな小魚がいるとは知らなかった。

もっとも
「春の小川はさらさら流る。蝦やめだかや小鮒の群に」
で知られる春の小川のモデルは
古川と同水系の河骨川(渋谷区代々木)であったというから
50年ほど前までは
普通に、さまざまな魚たちが泳いでいたんだろう。

ところで、今の小学生も「春の小川」を歌うのだろうか。
都会の子供たちは
どんな川をイメージしながら歌っているのだろう。

(山根)


2010/6/30

<< 2010/6 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中