毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

嵐の伊豆大島に良型オナガメジナ乱舞

嵐の伊豆大島に良型オナガメジナ乱舞

つり人編集部=写真と文

今回の伊豆大島釣行は強烈だった。

昨夜帰ってきたが
全身筋肉痛。
で、釣った魚を朝からさばき
ようやく今、さばき終えたところ。

フ~、疲れた。

なにが強烈だったかというと
まずは風。
なんと最大瞬間風速は26メートルを記録。
波高5メートル
はっきり言って、台風だ。



風表になる島の南西側はご覧のとおりの大シケ。

しかし、島の北東側に回ると
あら不思議。
風は回り込むものの
ウネリはさほどでもない。



写真は猛烈なシケに見舞われた
12月3日の大島の北東側にある松崎の磯である。

これなら、なんとか釣りができそうだ。
というわけで
サオをだしてみた。

釣りができたたけでもよしとしなければならない荒天だが
大島のすごいところは
風速20メートル以上の風が吹く日でも
内容の濃い釣りを楽しめるという点。



実際、日中から良型のイサキをはじめ
クチブトメジナ、オナガメジナの30~40センチが
飽きない程度にサオを絞り込んでくれた。

で、期待が高まる夕マヅメ。

一時、ワンキャストワンヒット状態になったのは
45センチクラスのオナガメジナ。



ハリス4号、グレバリ10号という太仕掛けにしていたものの
凄まじい力で引くため
一尾取り込むのに四苦八苦。

取り込んで、仕掛けを点検して
再び同じポイントに入れると
一気にサオが手元から曲がるくらいの強烈な引き。

ああ、夢のようなひと時でした。

(山根)

2010/12/5

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中