毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

「第三紀層の魚」は釣り小説!?

「第三紀層の魚」は釣り小説!?

つり人編集部=写真と文

芥川賞の受賞作品は読みづらい
などとよく言われます。

第148回の受賞作「abさんご」などは、その象徴ともいえます。

意外だったのが
「気の小さい都知事閣下のためにもらっといてやる」
と受賞会見で言ってのけた
田中慎弥さんの「共喰い」。

第146回の受賞作品で、とても読みづらいという触れ込みでしたが
あの偏屈そうな人が書いたとは思えないほど美しい文章で
歴代受賞作品の中でも、かなり読みやすかったと感じました。

釣りの描写が多いので
読みづらいというより、
一般の人には理解できない
ということなのではなかろうかと思いました。

田中さんは、これ以前に4度芥川賞の候補になったそうで
第144回の候補に挙がった「第三紀層の魚」などは
まるで、釣りの小説です。
相当の釣り好きに違いありません。

東京湾の干潟「十六万坪」埋立反対運動が盛んに行なわれていた10年ほど前
「江戸前のハゼを守れ!」
とシュプレヒコールをあげる釣り人たちを嘲笑うかのように
「干潟が埋め立てられてもハゼはどこかに行くでしょう」
と当時の石原都知事はのたまいました。

その暴言により石原前都知事は、多くの釣り人を敵に回したわけですが
ひょっとすると田中さんも、その中のひとりだったのかもしれません。

(山根)







2013/2/7

<< 2013/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中