毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

伊豆ドライブマップ哀歌

伊豆ドライブマップ哀歌

つり人編集部=写真と文

伊豆半島の陸っぱり釣り場を網羅した

伊豆ドライブマップ(7月上旬発売予定!)

製作もいよいよ大詰め。
最終チェックのため2日間、
朝から晩まで伊豆半島を徘徊した。

釣具店や渡船、船宿などの情報を網羅したカーナビ
「釣りキチ ナビ平」と実際の道路状況、地図とを照らし合わせて
最終チェックを行なう。

1日中、車の中で地図と睨めっこするのだから、
助手席に座る人は大変だ。考えただけで車酔いしてくる。
誰を連れて行くか?

白羽の矢がたったのが編集部マノだ。
初の沖釣り取材が波高5mの伊豆下田沖だったにもかかわらず、
平然と船内で昼飯をたいらげ、
沖釣り応援団長こと大塚貴汪さんを唸らせたほどの
三半規管を備えた10年に1人の逸材。

初日は伊豆半島の付け根、
田子の浦を早朝に発ち、
以後はひたすら下道を走り続ける。
釣具店や道標があるたびに車を止め、
つぶさにチェックする。

車の運転をするだけで疲れるのだから、
マノはさぞかし大変だろう。
と、思い、助手席をちらりと見やると、
地図を手にしたまま白目をむいている。
「大丈夫か!」
「あっ、スミマセン、気を失ってました」
すぐに車を止め、休憩。
「なんだか、気持ちが悪くって」
これまで、乗り物酔いの類とは無縁だった男から
信じられない言葉が飛び出した。

だが、僕は聞こえないフリをして、
車を再び走らせた。
マノはみごとに復活し、
任務を遂行してくれた。

夜、僕らは赤沢温泉ホテルに宿を取った。
ここは1泊2食付だと1万5000円だが、
素泊まりだと6000円なのだ。
それで、日帰り温泉館(1200円)も出入り自由。

目の前の赤沢港でエギングをしたかったが、
大雨強風のため断念。
チェックイン後すぐに本館の大浴場へ向かった。
以前、日帰り温泉館に行ったときは
イモ洗い状態に辟易したが、
本館は空いている。
東伊豆の海を一望できる露天風呂にゆっくりと浸かって
英気を養う。
露天風呂.JPG
釣り好きにはたまらない露天風呂。もちろん、タオル類はすべて脱衣所にある。ちなみに、部屋は12畳ほどの純和風。素泊まりとはいえ、これで6000円は安い!

「いや~、いい所ですねえ。
こんな宿に泊まっちゃっていいんですか?
うれしいなあ、今度彼女を連れてきてあげよう」
感情をあまり表に出さないマノが、
めずらしく溌剌としている。

「そうだよ、連れ来てあげなよ。
こうやって、取材のときに各地の温泉に入ったり、
郷土料理を食べたり、快適な宿を見つけるのも、
俺らの仕事の一部なんだからさ」
「そうですね」
マノの目がキラキラとしていた。

君もいつか気付くだろう。
連れて来てあげたいリストは増える一方で、
現実的にはそんな時間もカネもなく、
どこにも連れて行ってあげられないということを。

2006/6/19

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中