毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

銀座で和竿作り

銀座で和竿作り

つり人編集部=写真と文

今日のランチは銀座でパスタ。
隣のテーブルのカップルが
手を握ったり、顔をべたべた触りあったりと、
この場で一戦交えるんじゃないかというくらい
ベタベタしている。

どうやら男はフランス人らしい。
ただのガイジン好きなのか付き合っているのか
は分からんが、女は猫なで声で
日本の文化についてレクチャーしていた。

「たらこスパゲッティというのは、どんなのですか?」
「たらこはね、お魚の卵なのよ」
「なんの魚ですか」
「えーとね、たらこはニシンの卵なのよ」
「僕は、それをいただきます」

おっ、おい!
たらこはニシンの子じゃないってば!

喉まで出かかったが、2人の世界には入っていけなかった……。

さて、銀座である。
新宿、上野、川崎といった盛り場ならいざ知らず
銀座は自分とは最も縁のない街である。
しかし今、僕は定期的に銀座に通っている。

和竿の老舗「銀座東作」である。
プランタンの横にひっそりと佇んでいる。
そこで、和竿作りを勉強中なのである。
編集部イチ不器用な自分がである。
P2220007.jpg
丸ヤスリで込みを仕上げる

師走から通い始め
昨日、ようやく込みが終わり、
今日から塗りに入った。
P2230022.jpg
迷った挙句、赤色の漆を選択

ここからは、塗りを重ねていくのが主な作業になる。
夏までに間に合わせるならば
最低でも週1回は通わなくては。
頑張るぞ!




2007/2/23

2007/2 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中