毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

アオリイカ釣り/静岡県沼津市・原海岸放水路 

混雑知らずのサーフで秋アオリ

新保明弘◎文・写真



tokai (2) サーフから突き出た突堤のようなものが放水口

新保明弘
昭和52年生まれ。静岡県在住。伊豆半島から御前崎までをホームグラウンドにする。オフショア、ショアともにルアーフィッシングならば何でもこなすが、特にエギング、シーバス、メバル、回遊魚の釣りが得意

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。


ねらいを絞りやすい放水路周り


今シーズンの駿河湾沿岸、伊豆半島沿岸はアオリイカが多い。特に駿河湾奥、沼津市沿岸は10月に入り、300~500gのサイズが数釣れている。しかし、情報は早いもので、エギングファンも多くなり、港回り、防波堤は先行者が多く入れないこともしばしば。ただ、そんなことも全く苦にならないエギングポイントがある。それはサーフだ。

駿河湾奥には、千本浜から片浜、今沢、原海岸と西に向かって砂礫の広いサーフが広がっている。今回紹介するのはその西寄りに存在する原海岸・放水路周辺である。

前述した沼津のサーフであればどこに入っても釣果は望めるが、サーフでエギングを経験されたことない方は、何を基準にポイントを選んでよいのか悩むはず。どうしても疑問や不安が先行し、釣りに集中できなくなってしまう。

その点、放水路周辺は、放水路に当たる潮流や流れ込んで来る水流の影響で、大小規模はあるものの潮目が形成されやすい。

海に向かって左側のサーフは比較的水深が浅い。それに対して右側は深い傾向にある。左右、どちらでも実績充分だが、真水が放水路の左側から横に流れているため、降雨後などは右側を優先的にねらうとよい。

キモは長めの間


使用するロッドは、ロングキャストと大きなシャクリアクションが付けやすいように、長めの9フィートクラスがよい。ロッドの振り幅に巻き取り量がマッチするのは4000番のHGやXG。ラインは0・8号~1・2号で、リーダーはフロロカーボンの2・5号~3・0号と太めのセッテイング。本誌が発売される頃には、アオリイカは700g~1㎏と大型化するものの、警戒心もアップしてくる。そのため、シャクリアクションの間は20~60秒は取りたい。

そのため、餌木は3・5号のノーマル、もしくはシャロータイプのものを中心に選択する。ロングキャストしたら、餌木の姿勢を整えフリーフォール。

30秒~1分沈めたら、大きくシャクリアクション。そしてフォール。長めに間を取ったら、軽くロッドを立てて、乗りを確認する。乗ってなければ再びアクションさせる。最初のアクションはなるべく大きく行なうのは基本だが、その後のアクションはスローなものも交え、変化させるとよい。手前の海底に餌木が触れるとコツコツと感触がある。巻きあげるが、50㎝くらいは底を引きずってみる。追尾してきたアオリイカがそこで乗ってくることも多い。

はっきりした潮目がある前などは同じ立ち位置でもよいが、広いフィールドのため、キャスト毎に、左右へ5歩、10歩と移動しながら探ると、より高確率で釣果が得られる。

最後に、駿河湾奥は、南、西寄りの風の際は釣りが成り立たないので注意。東から北寄りの風ならば、後ろから受ける形になるため、釣りやすい。マナーに注意して広々としたフィールドのアオリイカ釣りを堪能していただきたい。

tokai (1) 300~500gがアベレージだが、1kgクラスも充分にねらえる

交通●千本松原沿いの旧国道1号線を沼津市街から富士方面に向かい、原放水路を越えたすぐの信号を千本松原内に向けて入る
問合先●イシグロ沼津店(℡055・927・1496)


2017/10/26

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中