編集部2021年10月25日

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 郡司和福さんの場合

PICKUP オオモンハタ アカハタ ロックフィッシュ

 ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。 今回は郡司和福さんの一軍ルアーと神ルアー、そして最終奥義をご紹介します!

フォールスピード&レンジへ即応する手返し重視のラン&ガンルアーセレクト

解説◎郡司和福

まとめ&写真◎猪俣博史

  

ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。

今回は郡司和福さんの一軍ルアーと神ルアー、そして最終奥義をご紹介します!

 

こちらの記事は 好評発売中の「ロックフィッシュAnglers!」から抜粋したものです。 各地で人気のゲームフィッシュの最新テクニック&エンジョイノウハウをLiveレポート! 今最も気になるロックフィッシゲームの奥深い魅力を発信! もっと楽しく、奥深く。これから始めてみたい人だけでなくステップアップしたい人にもおすすめの一冊です。是非ご覧ください! ↓↓↓

 

 
 
 

ご紹介するルアーのメインターゲットは・・・

 

今回ご紹介するルアーのメインターゲットは

オオモンハタ、アカハタです!

それでは郡司和福さんおすすめのルアーを見ていきましょう!

 

多彩なレギュラーラインナップでボトム撃ちからスイミング攻め

 ボトムをコツコツ探る釣りと、スイミングを重視した中層からボトムの幅広いレンジを探る釣りにおいて、状況に合わせて変えられるルアーセレクトが中心。アカハタ、カサゴならばボトムメインだが、ハタ類は中層に浮いていることも多いためスイミング系の誘いで広範囲を探る。また、ロックフィッシュは意外にイワシやキビナゴなどのベイトの群れの下についていることがある。そんなフォールスピードを重視するテンポの速い釣りに対応できるルアーもチョイス。

釣れる!一軍ルアー

ドラッグメタルキャストスロー20g(デュオ)

H-1

ショアスロージギング的なフォーリングを重視したリフト&フォールでボトムのアカハタ、はたまたスイミングでキジハタ……と、切り替えて誘えるのが大きな魅力。フォール、スイミングどちらでもしっかり見せられるリミットウェイトの20gは特に多用する。

 

スイミングテンヤ+バルト(ともにエコギア)

H-2

ハタ系ゲームでは鉄板のスイミングテンヤとバルトの組み合わせは、ウェイトを変えながらレンジやスピードを調節して使用。潮の流れに合わせながらシステマチックにウェイトやワームのボリュームを変えられる。この組み合わせで数種類のウェイトとワームを持参。スイミングテンヤは20~30 g 、バルトは4in 、6inが私のレギュラーメンバー。

 

アッパーカットオフセット(マグバイト)+ナス型オモリ

H-3

いわゆるジカリグの手作りバージョン。種類の豊富さと価格の安さ、入手しやすさからシンカーには普通のナス型オモリを使用。沈下スピードの調節は重要だと考えるので、水深や潮流に合わせシンカーをワンタッチで小刻みにチェンジ可能なジカリグは、今の私には欠かせない。

 

思い入れ強烈!神ルアー

ソルティーベイト30g(デュエル)

H-5

定番中の定番であり、すでにクラシックと呼んでよいルアー。ロックフィッシュでは20~30 gがベストだが、現在は20gが廃盤のようで悲しいかぎり。飛距離、引き抵抗の少なさ、リフト&フォールからのカーブフォールなど、アクションの緩急の付けやすさなどが魅力。30gはオフセットフックだが、シングルフックに変えて使用する。タコベイトだけでなく、ワームをセットしてもタイラバのネクタイ&ラバーを付てもOK。ドン深エリアでは出番が少ないが、潮流に合わせていろいろアレンジできるので個人的に欠かせない。

困ったときのファイナルウェポン(最終奥義)

バサロ(マグバイト)

H-4

スイミング系リグの先駆けともいえるバサロは頼りになるリグ。重さのわりに飛距離が出ないものの必要充分。何といっても思いどおりのスピードでスイミングしてくれるのは欠かせない性能である。ここぞというポイントで、じっくり探りたい時に手にするルアーであり、フックのサイズチェンジやアレンジしやすい構造もグッドだ。

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。