カテゴリー

ヤマメ・アマゴ釣り/初めの一歩・渓流釣りスタートガイド【2020年版!】

編集部 2020年6月21日

谷の妖精とも称されるヤマメ・アマゴ。繊細で難易度の高い魚と思う人もいるが、釣り方はいたってシンプル。流れに合わせてエサをトレースするだけ。ここでは渓流で初めての1尾を手にするためのプロセスをご案内!

透き通る流れから浮上する宝石のような魚  

道具とエサの選び方、仕掛けの流し方に加え、入渓点と入漁券についても解説!

まとめ◎つり人編集部

アマゴ・イワナ釣り/岐阜県・長良川上流、牛道川

編集部 2018年2月8日

岐阜県長良川はひるがの高原を源流に太平洋にそそぐ160㎞の長大な川だ。上流域の郡上漁協管内には長良川源流をはじめ代表的な支流として吉田川、牛道川、亀尾島川がある。

郡上長良の源流域はテンカラ向きでアクセス至便。今年も行きたいベスト渓谷

文◎石垣尚男

アマゴ釣り/山梨県・黒桂河内川

編集部 2018年2月5日

渓流釣りに本格的にのめり込んだのは20歳を過ぎてから。ホームグラウンドは富士川水系と大井川水系だが、大型渓魚が釣りたい一心で源流のイワナから河口付近のサケまで、大もの有望の情報を聞けば各地を飛び回る。

美形アマゴが濃厚な沢に親子で釣行。今年も行きたいベスト渓谷

写真と文◎望月竜也

アマゴ釣り/静岡県朝霧高原・芝川

編集部 2017年7月25日

清冽な渓流でも水温む夏。多くの魚は活性が低くなるのだが標高1000mを超える高原の川は別世界。元気いっぱいのヤマメやイワナが毛バリに出るし、張り出す木の下にチョーチン仕掛けでエサを送れば一発で食うことも多々あるのだ。

酪農の里近くにアマゴが棲む湧水の川

案内◎望月竜也

イワナ・ヤマメ・アマゴ釣り 岐阜県・長良川

編集部 2017年5月25日

「新感覚ラインの毛バリコントロール」記事内、岐阜県・長良川で使用

アマゴ・イワナ釣り 静岡県・山梨県・富士川水系

編集部 2017年2月25日

早春の渓流は雪代含む釣り場がほとんど。 魚たちの活性も低い。 でも日当たりや湧水など水が温みやすい渓谷だって各地にある。 ここでは解禁当初から実績の高い川筋を案内したい。

長野、山梨、静岡をまたぐ大水系。早春にねらうは南部の支流

望月竜也 解説

アマゴ釣り 静岡県・伊豆半島小河川

編集部 2017年2月25日

早春の渓流は雪代含む釣り場がほとんど。 魚たちの活性も低い。 でも日当たりや湧水など水が温みやすい渓谷だって各地にある。 ここでは解禁当初から実績の高い川筋を案内したい。

温暖な半島に走る至福の小河川

戸門 剛 解説

アマゴ釣り/美味アユの川で育まれる渓魚

編集部 2017年2月24日

長良川と馬瀬川、2大名川の狭間を流れる和良川。 美味アユの川として知られるこの流れですくすくと育つ渓魚は多い。 そんな和良川で今年も朱点鮮やかな妖精が目覚めている。

おすすめ時期:2~9月

つり人編集部=写真と文

アマゴ釣り/アユ釣りエキスパートに学ぶ仕掛け捌き

編集部 2017年1月25日

瀬に付く渓魚は食い気が満々。 勝負は早く自ずと釣りのテンポもアップ。 白泡が無数に走る筋、手前から対岸にどれだけ細かくアプローチができるかが釣果の決め手。 そんな「瀬のアマゴ釣りが大好き」と言う2人のエキスパートが郡上八幡の秀渓を遊んだ。

おすすめ時期:解禁~5月

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。