カテゴリー

大阪湾のテンヤタチウオ釣り徹底解説! 道具から誘い方まで

編集部 2019年12月12日

冬の大阪湾で人気ナンバーワンを誇るのが「テンヤタチウオ」。テンヤと呼ばれるオモリとハリが一体となったフックに、エサをセットするだけの誰にでも扱いやすい仕掛けでねらえる反面、誘い方によって釣果に差が出る奥の深さが人気の理由。関西船釣り界の名物男「沖猿」こと菊池雄一さんにテンヤタチウオを1から100まで徹底解説してもらいました。

7~3月までロングランで楽しめる大阪湾の人気No.1ターゲット!

【船の乗り方・道具解説・釣り方】船釣り超入門 東京湾のタチウオ・エサ釣り編

編集部 2019年9月27日

まるでルアー釣りみたい……。テンビンを用いた1本バリのタチウオ釣りを初体験した感想です。工夫できるポイントがとても多く、シャクリのリズムや強さで恐ろしいほどの差が出る釣りだとも感じました。

東京湾で船テンヤタチウオ釣りを楽しむ方法

編集部 2019年8月20日

近年、関西を中心に人気が沸騰しているのがテンヤを使った船のタチウオ釣り。一方、東京湾のタチウオ釣りはテンビンエサ釣りが主流なのだが、テンヤを楽しむ人も徐々に増えてきている。

タチウオ釣りスタートガイド/仕掛けとエサの選び方

編集部 2019年7月9日

近年、東京湾をはじめとする各地の船釣りで人気を博しているのがタチウオ釣りだ。とくに夏のタチウオ釣りは浅めの水深をねらうため、使う道具は軽めの仕掛け用のライトタックルでOK。

タチウオ釣り/アタリがあってもシャクリは一定!〝幽霊〟との我慢比べ

編集部 2018年9月5日

沖釣りファンの間で「姉さん」の愛称で親しまれるエキスパート、三石忍さんと旬の魚を追いかける『つり人』の連載企画。テーマはずばり女性でも「イイね!」と言える沖釣り釣行。

おすすめ時期:8~10月

三石忍◎解説 この日は生徒に教えながら33本の好釣果!...

タチウオ&アオリイカ釣り/静岡県焼津市・石津浜

編集部 2018年3月8日

例年この時期になると静岡県焼津市の石津浜にタチウオの回遊が始まる。本格的に釣れるのは2月下旬から3月にかけて。佳境には一人40尾前後の釣果が見込め、好調の日に当たれば70尾を超える釣果を上げる人も。今春も爆釣の朗報が飛び交うか注目だ。

イシグロ焼津店店長の浅羽さんはサッカー場前で安定した釣果を出している。群れが大きくキャストごとにバイトがある日もあるそうだ

チャンスは西風が吹く夜

...

[番外編]タチウオ釣り 九州・錦江湾に巨大タチウオを追う

編集部 2017年1月8日

全国的にブームになっているタチウオ釣り。弟から「とてつもないサイズのタチウオが九州にいる」との連絡が入ったのが9月。

強烈なファイトの末、釣りあげた158 ㎝、2.75㎏の巨大タチウオ

158㎝、2.75㎏が飛び出した豊かな海

山口 充 レポート

タチウオ釣り/場所と水深は船長にお任せ!

編集部 2016年12月6日

海の船釣りは船宿というガイドサービスが整っていて、誰でも気軽にトライでき、何より食べて美味しい旬の魚たちを、シーズンごとに好みでセレクトできてしまう。 一度始めれば、誰でも自分のペースで楽しみを広げられる。 次の週末、思い立ったら出かけてみよう!

レンタル釣り具も完備。初めてでも安心な東京湾・一之瀬丸

つり人 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!