カテゴリー

川クロダイの落し込み釣りに初挑戦

編集部 2019年6月26日

編集スタッフ・ササキです。月刊つり人8月号の取材で川クロダイの調査に行ってまいりました。大都会至近の川でクロダイ……。ホントに釣れるの?

鶴見川で多数のクロダイ、キビレを目撃!

つり人オンライン=まとめ

アユ釣り/野生を惑わす複合メタル0.01号の泳がせ術

編集部 2019年6月25日

古座川のベテラン、浅利和弘さんは「渇水時の天然アユは気難しい」と言う。オトリの動きや色に敏感で、フレッシュかつ生きのよい泳ぎをしないと反応しにくい。理想の泳ぎを引き出すには、水切りのよい軽いイトが欲しくなる。0.01号の複合メタルを操り、古座川の野生を静かに掛ける浅利さんの技に密着。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

編集部◎文・写真

アユ釣りステップアップ/加藤達士さんに学ぶ混雑河川で釣果を伸ばす方法 :第3回

編集部 2019年6月21日

加藤達士さんは8.5mのミディアムショートロッドを操り、的確なポイント攻略が得意技。オトリの付き場を実に細かく見極めて好循環を生み出す。釣技に磨きをかけたのはエキスパートが揃う長良川である。激戦区の場荒れ河川もなんのその。どうすればオトリの回転率は上がるのか? その効率的な着眼点とオトリ演出とは―――。

人の釣った後のポイントをどう釣るか

文◎加藤達士

アユ釣りステップアップ/加藤達士さんに学ぶ混雑河川で釣果を伸ばす方法 :第2回

編集部 2019年6月20日

オトリの泳ぎ変化を意識して緻密な操作をする加藤さん加藤達士さんは8.5mのミディアムショートロッドを操り、的確なポイント攻略が得意技。オトリの付き場を実に細かく見極めて好循環を生み出す。釣技に磨きをかけたのはエキスパートが揃う長良川である。激戦区の場荒れ河川もなんのその。どうすればオトリの回転率は上がるのか? その効率的な着眼点とオトリ演出とは―――。

追い気の弱いアユをいかに掛けるか

...

アユ釣りステップアップ/加藤達士さんに学ぶ混雑河川で釣果を伸ばす方法 :第1回

編集部 2019年6月19日

例年サオの林になる長良川郡上ウインドパークの解禁日加藤達士さんは8.5mのミディアムショートロッドを操り、的確なポイント攻略が得意技。オトリの付き場を実に細かく見極めて好循環を生み出す。釣技に磨きをかけたのはエキスパートが揃う長良川である。激戦区の場荒れ河川もなんのその。どうすればオトリの回転率は上がるのか? その効率的な着眼点とオトリ演出とは―――。

激戦区でのポイントの選び方

...

友釣り情報充実! アユ釣りステップアップ記事11選

編集部 2019年6月17日

いよいよ今年もアユ釣りシーズンに突入! 今年の夏、さらに釣果アップにつなげるためのおすすめアユ釣り記事を集めました!

オトリの選び方から手練れの思考法まで!

つり人オンライン=まとめ

梅雨入りしたらハイシーズン! テナガエビ釣りを楽しもう

編集部 2019年6月17日

春先はマブナ釣りやタナゴ釣りで賑わう水郷・霞ヶ浦。梅雨に入る頃から楽しめるのが湖岸のテナガエビ釣りだ。日除けの麦わらやキャップを用意したら、足場がよい釣り場でのんびりサオをだせる。

東京から日帰り可能&足場がいいおすすめテナガスポット:霞ヶ浦

つり人編集部=写真と文

アユ釣り/今さら聞けない要点を解説! 足取りとサオさばき篇

編集部 2019年6月15日

いよいよ開幕したアユ釣りシーズン。 友釣りの超基礎項目からレベルアップ項目までを一気におさらい。今回は釣り場での実際のテクニックを解説。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

つり人編集部=写真と文

アユ釣り/今さら聞けない要点を解説! ポイント選び篇

編集部 2019年6月14日

いよいよ開幕したアユ釣りシーズン。 友釣りの超基礎項目からレベルアップ項目までを一気におさらい。今回はポイントの選び方についてです。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

つり人編集部=写真と文

アユ釣り/今さら聞けない要点を解説! オトリ篇

編集部 2019年6月13日

いよいよ開幕したアユ釣りシーズン。 友釣りの超基礎項目からレベルアップ項目までを一気におさらい。今回はオトリの選び方と扱い方、放流アユの種類別の特性を解説したい。

おすすめ時期:6~11月(解禁期間要確認)

つり人編集部=写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!