カテゴリー

夏場に実績ある関東の定番磯釣りポイント 神奈川県三浦市周辺

編集部 2019年6月5日

三寒四温の春が終わり水温が安定し始める初夏。関東エリアでは5月下旬ごろから、浅場の磯周りでクロダイやメジナたちが楽しませてくれるようになる。なかでも実績があるのが三浦半島西岸の諸磯エリアだ。

この日の最大は35㎝クラス。荒れ気味の日やマヅメ時には大型が食ってくることもある

浅ダナねらいで攻略する三浦の一級磯

レポート◎上坂哲史

メジナ、アオリイカ釣り/神奈川県小田原市/江の浦港

編集部 2018年6月5日

連休が過ぎた頃から、風にほんのりと夏の匂いを感じるようになった。人間は衣替えに忙しい季節だが、海の中も同様。水温が上がるにつれて、釣り物もグッと増えてきた。

メジナ&アオリねらいの2釣が面白い

レポート◎上坂哲史

メジナ、カワハギ、カサゴ釣り/神奈川県足柄下郡/真鶴半島周辺

編集部 2018年5月1日

サクラの開花とともにグッと春らしさが増してきた関東エリア。厚手のウエアでは汗ばむ陽気の日もあり、魚たちも活発にエサを追うようになってきた。GW、そして夏に向け、陸も海も衣替えの季節を迎えているようだ。

上ものの実績場として定評のある「カワウソ」でサオをだす小澤淳さん。メジナ釣りの全国大会に出場したこともあるエキスパートだ

ベテランもファミリーも楽しめる都心近郊釣り場

レポート◎上坂哲史

ハゼ釣り/神奈川・相模川河口

編集部 2017年9月25日

ハゼは都市部でも気軽に楽しめるターゲット。足場がよく良型もねらえる首都圏のチョイ投げ釣り場をセレクト。歩いて探る、置きザオで構える、どちらもよし。次の週末は童心に返れる心地よいアタリを堪能しよう。

湘南大橋の下に広がる足場のよい護岸帯が釣り場になる

豊かな汽水域が育てるハゼ

時田眞吉◎文・写真

テナガエビ釣り 多摩川

編集部 2017年6月25日

駅近のテッパン釣り場もあり!ハイシーズン到来の今が大チャンス! 都会の水辺に遊ぶテナガフィールドガイド。 ビギナーでも通いやすい駅近の釣り場を中心に、ビビンとキックバックが味わえるオススメ河川をご案内。

隙間を丹念に探りたい小向ポンプ場周辺、駅チカの六郷橋&ガス橋周辺

編集部&葛島一美◎文・写真

ヤマベ釣り 神奈川県 厚木市・小鮎川

編集部 2017年5月25日

初夏は清流釣りが楽しい。澄んだ流れの中で釣りイトを垂れるのは至福の時間である。今回紹介するのは神奈川県厚木市を流れる小鮎川のヤマベ釣り。小鮎川は、相模川水系だけあってヤマベの数が大変多い。とりわけこの季節は婚姻色鮮やかな大型も混じり、数、型ともに楽しめる。

ねらうポイントは10~40cmの瀬

毛バリに飛び出すスリルを満喫

坂本和久◎レポート

コイ釣り 神奈川県 横浜市・鶴見川

編集部 2017年4月25日

コイ釣りファン待望の春がやってきた。あちこちでコイが乗っ込み、大型の釣果が聞かれるようになる。都市河川である鶴見川でも春は大型を釣りやすい時期だ。

障害物をタイトにねらえ

森田光昭◎レポート

メジナ、メバル釣り 神奈川県横須賀市・リサイクルプラザアイクル裏

編集部 2017年4月25日

横須賀市に位置する長浦港(湾)は、天然の良港として知られる。横須賀港と新井掘割で直接繋がる。長浦港の中にある深浦湾の貝山緑地脇にある「リサイクルプラザ・アイクル」の敷地内に、釣りのできるスペースがある。

アイクルは市が運営するリサイクルをアピールするための施設だが、釣り人に釣り場として一部開放している

都会のオアシスでのんびりファミリーフィッシング

時田眞吉◎レポート

メジナ釣り 神奈川県川崎市・東扇島西公園

編集部 2016年12月6日

川崎の沖に造られた人工島・東扇島の西端にあるきれいな公園が釣り場。  水深が深く隠れ根が点在し、潮通しもよいので多彩な魚種がねらえるが、岸壁際には肘の高さほどの柵が設けられているため釣り方が限られる。

水深が深く隠れ根が点在、潮通しもよいお手軽釣り場

時田眞吉 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!