カテゴリー

神奈川県藤沢市・湘南港(ヨットハーバー前堤防)の五目釣り

編集部 2020年12月8日

ヨットハーバー前の堤防は、車横付けはできないが、駐車場からすぐ近くで、トイレもあるし、ファミリーフィッシングにうってつけだ。また、駅から近いこともあり、電車釣行派にもうれしい。

ファミリーフィッシングにぴったり

協力◎小澤淳

神奈川県南足柄市・狩川渓谷ます釣り場/足柄キャスティングエリア/足場のいいルアーポンドと自然渓流のエサ釣り場が併設

編集部 2020年12月7日

足柄平野の西部を流れる酒匂川の支流、狩川を整備したエサ釣りエリア「狩川渓谷ます釣り場」と、ルアー専用ポンド「足柄キャスティングエリア」も併設された管理釣り場。高速を利用すれば都心から1時間半ほどとアクセスもよく、足柄の自然豊かなフィールドで手軽に釣りを満喫できる。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

2020年12月/真冬の横浜だからこそ楽しめるオカッパリタコ釣り

編集部 2020年12月1日

初夏が好機のマダコ釣りですが、冬でもエリアによってはオカッパリでねらうことができます。今回取材した神奈川県の横浜沖堤もそのひとつ。師走ともなればクロダイねらいの釣り人も少なくなることから、今回チャレンジしてみました。

ヘチも沖もしっかり探って根掛かりさせずにタコを抱かせる@横浜沖堤(2020年11月30日)

レポート◎アマノ(月刊つり人編集部)

神奈川県相模原市・リヴァスポット早戸(早戸川国際マス釣場)/広大な釣りエリアが魅力!

編集部 2020年11月24日

相模川水系の支流、中津川へそそぐ清流・早戸川がフィールドの「リヴァスポット早戸/早戸川国際マス釣場」。管理釣り場とはいえ、自然の渓流を生かした各釣り場はワクワクするような臨場感にあふれ、丹沢山地の豊かな自然のもとでのびのびと釣りが楽しめるのが最大の魅力だ。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

2020年11月/神奈川県・三浦半島の地磯で大型アジが乱舞!?

編集部 2020年11月20日

三浦の一大遊漁船基地として知られる松輪港。すぐ側にある「高磯」という地磯で30cmクラスの大型アジが釣れています。効果的な釣り方はウキフカセ、もしくはカゴ釣です。時合になるとアジは足もとまで回遊するので遠投の必要はありません。軽い仕掛けを使えるので1~1・2号の軟調子の磯ザオでよく、アジの引き味を存分に楽しめます。

...

神奈川県南足柄市・開成水辺フォレストスプリングス/3つのポンドで広々楽しめる!

編集部 2020年11月19日

南足柄市開成町に位置するスポーツ公園に隣接した、ルアー&フライ専用管理釣り場。緑に囲まれた約3万㎡もの広大な敷地内には3つのポンド(池)があり、型のよい様々なトラウトが放流されている。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

神奈川県横浜市・磯子海づり施設/温排水が多彩なターゲットを呼ぶ!

編集部 2020年11月19日

横浜の工業地帯が広がる根岸湾。そこへ張り出した埠頭の先端付近でサオを出せるのが「磯子海づり施設」。L字型の岸壁には柵付きのデッキが設置されており、初心者や小さな子ども連れでも安心して釣りが楽しめる。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

2020年11月/神奈川県・大黒海づり施設のアジ釣り

編集部 2020年11月18日

間もなく発売の月刊つり人1月号はアジ釣りの特集です。この時期釣れるアジは脂がのって一段と美味です。多彩な釣法があるなかで、誰もが始めやすいポピュラーな釣り方といえばサビキ釣りです。11月下旬現在、都心近郊で安定してアジが回る釣り場のひとつが神奈川県横浜市にある「大黒海づり施設」。施設のホームページには連日釣果がアップされ、時には40cmクラスも釣れています。

...

2020年10月/ドラゴンをねらう東京湾の船テンヤタチウオ

編集部 2020年11月4日

2020年10月28日、東京湾でまだまだチャンス継続中の、船テンヤタチウオ釣りの取材に行ってきました。船宿は「金沢八景・鴨下丸」。釣り人は「ねえさん」こと三石忍さんです。東京湾のドラゴンねらいの特徴は、月刊つり人2021年1月号でも詳しく紹介します。一発大ものをねらえるチャンスはまだまだ継続中ですので、次のお休みは、ぜひお出かけになってみてはいかがでしょう?

...

2020年10月/東京湾のアジの味にほれ込んだ料理人が通うLTゲーム

編集部 2020年10月29日

...

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。