カテゴリー

まったく新しいスタイルの、お魚料理本!『お魚イラストレシピ大百科』の2つのスゴイ所。

編集部 2022年5月2日

まさかの!すべてのページが、手描きイラスト、手描き文字! 本をひらいた瞬間に、イラストから、ことばから、愛が溢れる! 魚が生きている! ワクワクする! 食べたくなる!

YouTuberマルコスさんが「釣竿公正マーク」2022年イメージキャラクターとしてポスターに登場!4月より釣具店等で配布、掲示

編集部 2022年4月26日

 

釣りYouTuberとして活躍中のマルコスさんが、イメージキャラクターとして「釣竿公正マーク」2022年春のポスターに登場しました!

『Basser』2022年6月号 好評発売中!!

編集部 2022年4月22日

 

私たちにとって、心に残る1尾とはどんなものなのでしょうか。バスがなかなか釣れなくなってきたという声を聞くことが増えた昨今、これから1尾のバスとどう関わっていくべきか、そんな提案になればと、特集は「ずっと追いかけたい 自己最高記憶魚」としました。...

『つり人』2022年6月号、好評発売中!

編集部 2022年4月21日

今月の特集はチニングとエギング。どちらも的確に状況を読むことが重要となる奥深い釣りだが、基本が分かれば釣果への道のりは案外短いものです。チニングはワームの基本からプラッギングまで。エギングはカラー選びからチューニング。さらに、渓流スピナーの使い方やGWに楽しめる伊豆諸島ガイド、魚を美味しく食べるための薬味&調味料などあらゆる魅力満載の一冊です。

『NorthAngler's』2022年5月号、好評発売中!!

編集部 2022年4月8日

今号から『North Angler’s』はリニューアル!ボリュームUPして、今まで以上に旬の情報をたっぷり詰め込んでお届けします。さらにリニューアル特別付録として、小冊子『海サクラ&海アメ Perfect GUIDE BOOK』を追加。春の北海道を満喫したいなら、ぜひご一読を!

『Basser』2022年5月号 3月26日発売!!

編集部 2022年3月23日

 

私たちにとって、心に残る1尾とはどんなものなのでしょうか。バスがなかなか釣れなくなってきたという声を聞くことが増えた昨今、これから1尾のバスとどう関わっていくべきか、そんな提案になればと、特集は「ずっと追いかけたい 自己最高記憶魚」としました。...

『つり人』2022年5月号、3月25日発売!

編集部 2022年3月23日

今月号はヤマメとアマゴ特集!ルアー、エサ、テンカラとねらい方はさまざま。それぞれの釣法に精通している人が紹介する流れの読み方は必見。ヤマメの生態、ハンドメイドルアーの世界、エサ釣り入門まで幅広くご紹介しています。そのほか、名手によるこの春釣れる海のルアー釣り大予想、家族サービスにぴったりな潮干狩りまで内容盛りだくさん。ヤマメとアマゴと出会いたいあなたにおすすめの1冊。

『鮎釣り2022』 3月15日発売!!

編集部 2022年3月11日

友釣りは野アユの追い気を誘発することで成立します。そこで、巻頭特集は近年注目を集める「ボル引き」や「点撃ち泳がせ」の技法を中心に、名手の「追わせる研究」をまとめました。

フライフィッシングの名著『The Dry Fly』翻訳クラウドファンディングがスタートしました

編集部 2022年3月10日

フライフィッシング専門誌『FlyFisher』が企画するクラウドファンディングプロジェクトがスタートしました。スパークルピューパなどで知られるゲーリー・ラフォンテーンによる『The Dry Fly』を東知憲さんが読みやすく翻訳します。300ページのなかに仮説と実証、提案や名言が詰め込まれたまさに名著です。

思い出の「美形ヤマメ&アマゴ」写真大募集!

編集部 2022年2月26日

思い出のヤマメの写真を『月刊つり人』に投稿してみませんか。いつ(月日)、どこで(河川・ポイント)、どんなシチュエーションで掛けたのか文章を添えて下記宛先まで投稿してください。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。