カテゴリー

簡単自作でもOK! 身近な素材でタナゴのプロペラ仕掛けの楽しみ

編集部 2019年6月24日

タナゴ釣りは仕掛け作りが大きな楽しみ。 そんな中、最近、注目を集めているものにプロペラ仕掛けがあります。 実際は、そのプロペラ仕掛けの中にも、さまざまタイプがありますが、仕掛けの中の羽根部分が、クルリと回るというのが基本。

つり人チャンネルでも紹介している、増田孝さんの仕掛け

つり人2019年8月号連動動画も公開しました!

つり人編集部=写真と文

親子で楽しめるタナゴ釣りのすすめ :後編

編集部 2019年4月9日

山間の台地に真新しい住宅が建ち並ぶ兵庫県三田市。大阪・神戸へ至近のベッドタウンとして発展する町には、緑豊かな田園地帯もまだ多く残っており、春の小川を探索すれば、元気な野のタナゴに会える。穏やかな日曜日、父娘水いらずのお散歩フィッシングへ。

兵庫県在住・松井さん親娘のお散歩フィッシング

つり人編集部=写真と文

親子で楽しめるタナゴ釣りのすすめ :前編

編集部 2019年4月8日

山間の台地に真新しい住宅が建ち並ぶ兵庫県三田市。大阪・神戸へ至近のベッドタウンとして発展する町には、緑豊かな田園地帯もまだ多く残っており、春の小川を探索すれば、元気な野のタナゴに会える。穏やかな日曜日、父娘水いらずのお散歩フィッシングへ。

里の小川でねらうべきポイントは?

文◎松井伸吾、写真◎編集部

フナ・タナゴ・小もの釣り/東京近郊 お花見釣り場ガイド02

編集部 2018年3月30日

春といえばやはりお花見だが、お花見日和は釣り日和でもある。そこで一気に両方を楽しんでみてはいかがだろうか?

釣りとお花見を一度に楽しめる釣り場を紹介

まとめ◎編集部

フナ・タナゴ・小もの釣り/東京近郊 お花見釣り場ガイド01

編集部 2018年3月29日

春といえばやはりお花見だが、お花見日和は釣り日和でもある。そこで一気に両方を楽しんでみてはいかがだろうか?

釣りとお花見を一度に楽しめる釣り場を紹介

まとめ◎編集部

タナゴ釣り/編集部員が霞ヶ浦・北浦の水郷地帯を釣査:東浦篇

編集部 2017年11月25日

霞ヶ浦はでっかいゾ! 湖岸をぐるりと囲む農業用水路は随所にあるが、どこでも釣れるわけじゃない。愛らしいマブナやタナゴはどこにいるの?そのヒントを探るのが今回の企画の趣旨。そこで北浦、東浦、西浦の3エリアを編集部員で釣査。はたして……。

おすすめ時期:12~1月

編集部◎レポート 霞ヶ浦はでっかいゾ!...

タナゴ釣り/編集部員が霞ヶ浦・北浦の水郷地帯を釣査:西浦篇

編集部 2017年11月25日

霞ヶ浦はでっかいゾ! 湖岸をぐるりと囲む農業用水路は随所にあるが、どこでも釣れるわけじゃない。愛らしいマブナやタナゴはどこにいるの?そのヒントを探るのが今回の企画の趣旨。そこで北浦、東浦、西浦の3エリアを編集部員で釣査。はたして……。

おすすめ時期:12~1月

編集部◎レポート

タナゴ釣り/道具選びから1尾釣るまでを釣具店店長が解説

編集部 2017年11月25日

専門的で敷居が高いイメージを持たれがちなタナゴ釣り。しかし、最近では大手釣り具メーカーの道具が充実しており、釣り具量販店でも充分揃えることができる。道具選びから実釣を通して1尾釣るまでの流れを上州屋川越店店長の大沢健治さんにレクチャーしていただいた。

気ままに楽しむ水辺の小もの

大沢健治◎講師

タナゴ釣り/編集部員が霞ヶ浦・北浦の水郷地帯を釣査:北浦篇

編集部 2017年11月25日

霞ヶ浦はでっかいゾ! 湖岸をぐるりと囲む農業用水路は随所にあるが、どこでも釣れるわけじゃない。愛らしいマブナやタナゴはどこにいるの?そのヒントを探るのが今回の企画の趣旨。そこで北浦、東浦、西浦の3エリアを編集部員で釣査。はたして……。

おすすめ時期:12~1月

編集部◎レポート

タナゴ釣り/サクラタナゴとフナ寿司を訪ねて

編集部 2017年3月25日

見目麗しき関西の「タナゴちゃん」を求めて、春うららの琵琶湖・水郷地帯へ旅立った。せっかくの琵琶湖、ただ釣りに始まり釣りに終わるだけではもったいない。

おすすめ時期:3-4月

村田春雄◎文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!