カテゴリー

センドウタカシ 思い出バジングトップウォーター列伝 その1(全2回)

編集部 2021年8月14日

 ワームやプラグのようなエサっぽい雰囲気もなく無機質なルックスのバズベイトは、バスフィッシング経験値の低い人にとって最も不可解なルアーのひとつ。自分も、初めて見たときは「本当にこんなルアーで釣れるの?」と思っていました。しかし、あのエキサイティングなバイトを体感して以来、自分の釣りの中軸を固めるルアーのひとつとなりました。

水面をにぎやかすトップウォーター!
...

「濁りは釣りを変える」MUDDY QUEST ~並木敏成編~

編集部 2021年8月13日

特集テーマである「濁り」は釣りにどう影響するのか。 その好例を並木敏成さんに見せてもらったことがある。

濁りを釣る!
「濁り」は釣りにどう影響するのか。

写真と文◎編集部

川島勉さんおすすめ!千葉県・三島湖シーズナルパターン 夏編(6月中旬~9月上旬)

編集部 2021年8月13日

千葉はもちろん、東京や横浜といった大都市圏からのアクセスが非常によく、それでいて緑が濃く自然に囲まれた環境の中で快適な釣りが楽しめるのが三島湖、高滝湖、戸面原湖である。 いずれもレンタルボートを活用して誰もがバスフィッシングを楽しめる、今後ますます注目すべきフィールドだ。今回は三島湖のサマーパターンについて解説する

夏の三島湖を楽しもう!

川島勉 千葉県・三島湖シーズナルパターン...

千葉県 将監川・長門川シーズナルパターン 秋編(9月上旬~11月下旬)

編集部 2021年8月12日

今回は将監川・長門川のシーズナルパターン「秋編」を紹介! クセのない教科書どおりの長門川とクリークの性質が強い将監川。 トーナメントも開催される関東のメジャーフィールドだ

メインベイトは甲殻類から魚類へ。水位の減少とともにオフショアを回遊するスクールをねらい撃ち

解説◎鈴木美津男&飯島崇史

沼系フィールドベジテーション アシ&ガマ攻略 part.2(最終回)

編集部 2021年8月12日

印旛沼をはじめとする沼系フィールドは護岸などで開発されていない自然のままの岸際が残っていることが大きな魅力です。 こうしたナチュラルバンクでカバーを形作っている代表的なベジテーションがアシとガマ。 見た目や生えている場所が似ているので、同一視してしまいがちなカバーですが、きちんと見分けることでよりねらいを絞ったゲームを展開することが可能になるため両者の特徴を理解しておきましょう。

...

沼系フィールドベジテーション アシ&ガマ攻略 part.1(全2回)

編集部 2021年8月11日

印旛沼をはじめとする沼系フィールドは護岸などで開発されていない自然のままの岸際が残っていることが大きな魅力です。 こうしたナチュラルバンクでカバーを形作っている代表的なベジテーションがアシとガマ。 見た目や生えている場所が似ているので、同一視してしまいがちなカバーですが、きちんと見分けることでよりねらいを絞ったゲームを展開することが可能になるため両者の特徴を理解しておきましょう。

...

千葉県 印旛沼~新川 シーズナルパターン 夏編(6月上旬~8月下旬)

編集部 2021年8月11日

印旛沼でのダイナミックなシャローカバーゲームにアングラーは魅了される。 四季折々のエリアセレクションを可能にする広大かつ多彩なフィールドの夏の攻略法を紹介します。

夏の印旛を楽しもう!

印旛沼~新川 シーズナルパターン 夏編(6月上旬~8月下旬)

解説◎早川純一

黒田健史の長 「 ロングワームのない人生なんて」part.3(最終回)

編集部 2021年8月10日

前回の 黒田健史の長 「 ロングワームのない人生なんて」part.2 ではロングワームを使うときのリグとラインコントロールについて教えてもらいました。今回はフッキング&レイダウン攻略術について聞いちゃいます!

「アタったらまずは巻くだけ。重くなったらロッドワーク+ゴリ巻きでフックを貫通させる」

ロングワームのフッキング&レイダウン攻略術

◎Basser編集部

千葉県 将監川・長門川シーズナルパターン 夏編(6月上旬~8月下旬)

編集部 2021年8月10日

長門川と将監川は、ともに「川」という名で親しまれているものの、どちらも源流は存在せず、上流、下流といった一般的に川と聞いて連想する概念とは違い、バスアングラーには「水路」や「クリーク」と表現したほうが適切かもしれない。 クセのない教科書どおりの長門川とクリークの性質が強い将監川。 トーナメントも開催される関東のメジャーフィールドだ。 今回は将監川・長門川のシーズナルパターン「夏編」を紹介!

黒田健史の長 「 ロングワームのない人生なんて」part.2(全3回)

編集部 2021年8月9日

前回の 黒田健史の長 「 ロングワームのない人生なんて」part.1 ではロングワームの出しどころについて教えてもらいました。今回はリグとラインコントロールについて聞いちゃいます!

黒田さんがロングワームを使うときのリグ

変則リーダーレスダウンショットリグとラインコントロールについて

◎Basser編集部

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。