カテゴリー

大物がねらえる渓流ベスト5 群馬県・利根川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月19日

...

1泊で行ける源流ベスト5 群馬県・楢俣川/月刊『つり人』編集部が選ぶ!

編集部 2022年3月16日

楢俣川は、渡船に頼らざるを得ない本流域とちがって、奥利根でも入渓しやすい渓だ。とはいえ車で入渓地点に近づけるわけではない。むしろその逆で、奈良俣ダム近くに設置された厳重なゲートから、2時間半におよぶ林道歩きを余儀なくされる。

埼玉県・神川町、群馬県・藤岡市/神流湖のワカサギ釣り

編集部 2022年1月24日

全国おすすめ釣り場ガイド。埼玉県・神川町、群馬県・藤岡市の「神流湖のワカサギ釣り 」をご紹介します。

「メガサギ」をねらう冬のボートワカサギ

解説◎丸山 剛この記事は月刊つり人2020年3月号の記事を再編集しています

ワカサギ釣り/群馬県桐生市・梅田湖

編集部 2017年11月24日

群馬県桐生市にある梅田湖は渡良瀬川の支流である桐生川の上流にあるダム湖である。この梅田湖でワカサギ釣りをする場合、ボート釣りが主体となる。

ボート釣りがメインであり、ボート場は梅田大橋上流にある

美味ワカサギの数釣り

レポート◎千島克也

イワナ・ヤマメ釣り/群馬県片品高原・片品川、丸沼高原・小川

編集部 2017年7月25日

清冽な渓流でも水温む夏。多くの魚は活性が低くなるのだが標高1000mを超える高原の川は別世界。元気いっぱいのヤマメやイワナが毛バリに出るし、張り出す木の下にチョーチン仕掛けでエサを送れば一発で食うことも多々あるのだ。

はるかな尾瀬の玄関口は和式毛バリの好釣り場

案内◎小林和則

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。