カテゴリー

Basser

Basser バス釣り厳選記事

バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門まで、
バス釣りの専門誌バサーのオンライン記事より、バスフィッシングの厳選した記事をお届けします。

荻野貴生のシャッドテール表層引き道場:第1回(全5回)

編集部 2016年8月9日

荻野貴生さんが連載で釣りまくった十八番リグ、シャッドテールワーム・ノーシンカーリグ表層引き。編集部員AとSが荻野先生に入門し、座学と実践で免許皆伝を目指します。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。...

ルアー別フッキング実例集③ 沢村幸弘×ネコリグ

編集部 2016年8月8日

ベイトフィネスで扱うネコリグのアワセ方を沢村幸弘さんが解説。上手な人はどうやってアワせているのか。それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

アワセはラインスラックを確実に巻き取ってから

Basser編集部=写真と文

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第4回(最終回)

編集部 2016年8月6日

軽量ルアーがスピニングより飛ぶ!? オカッパリでこそ生きるベイトフィネスのメリットとは。

軽量ルアーがスピニングより飛ぶ!? オカッパリでこそ生きるベイトフィネスのメリットとは

Basser編集部=文

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第4回(最終回)

編集部 2016年8月5日

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

...

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第3回(全4回)

編集部 2016年8月4日

ベイトフィネスという言葉が定着して久しい。 ボートでもオカッパリでも、それぞれに大きなアドバンテージがあるという。 今回はこの釣りのパイオニアである沢村幸弘さんが、霞ヶ浦を釣りながらこの釣りのメリットを解説する。 今回はボートフィッシングで生きるベイトフィネスのアドバンテージについて話してもらった。

...

匠の素顔:RE EPISODE1 Budd & Joey(バッド&ジョーイ)

編集部 2016年8月3日

Joeyが全国デビューを果たし、トップウォーターファンの心を鷲掴みにしたのは1993年。その後、もっとも入手の難しいルアーとなってしまったが、今もなお、鈴鹿市の茶畑に囲まれた工房でひとつひとつていねいに仕上げられている。その工程は、稀代のプラグ職人、藤田浩之(ふじた・ひろゆき)の揺るがない信念そのものだった。

孤高の職人は至高のアーティストだった

三浦修=文、福原毅=写真

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第3回(全4回)

編集部 2016年8月2日

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

...

川村光大郎のバックスライド道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年8月2日

カバー撃ちの定番、ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング。タックルセレクトを誤るとフッキングですっぽ抜けるなどミスの原因となってしまう。正しいタックル&フックセッティングを覚えよう。

バックスライドはオカッパリでもボートでも大活躍!

小規模河川のオカッパリでバックスライドを実践指導!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第2回(全4回)

編集部 2016年8月1日

ベイトフィネスという言葉が定着して久しい。 ボートでもオカッパリでも、それぞれに大きなアドバンテージがあるという。 今回はこの釣りのパイオニアである沢村幸弘さんが、霞ヶ浦を釣りながらこの釣りのメリットを解説する。 今回はベイトフィネスタックルセレクトの要点について話してもらった。

...

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第5回(最終回)

編集部 2016年7月30日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

荻野貴生のシャッドテール表層引き道場:第1回(全5回)

編集部 2016年8月9日

荻野貴生さんが連載で釣りまくった十八番リグ、シャッドテールワーム・ノーシンカーリグ表層引き。編集部員AとSが荻野先生に入門し、座学と実践で免許皆伝を目指します。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。...

ルアー別フッキング実例集③ 沢村幸弘×ネコリグ

編集部 2016年8月8日

ベイトフィネスで扱うネコリグのアワセ方を沢村幸弘さんが解説。上手な人はどうやってアワせているのか。それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

アワセはラインスラックを確実に巻き取ってから

Basser編集部=写真と文

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第4回(最終回)

編集部 2016年8月6日

軽量ルアーがスピニングより飛ぶ!? オカッパリでこそ生きるベイトフィネスのメリットとは。

軽量ルアーがスピニングより飛ぶ!? オカッパリでこそ生きるベイトフィネスのメリットとは

Basser編集部=文

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第4回(最終回)

編集部 2016年8月5日

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

...

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第3回(全4回)

編集部 2016年8月4日

ベイトフィネスという言葉が定着して久しい。 ボートでもオカッパリでも、それぞれに大きなアドバンテージがあるという。 今回はこの釣りのパイオニアである沢村幸弘さんが、霞ヶ浦を釣りながらこの釣りのメリットを解説する。 今回はボートフィッシングで生きるベイトフィネスのアドバンテージについて話してもらった。

...

匠の素顔:RE EPISODE1 Budd & Joey(バッド&ジョーイ)

編集部 2016年8月3日

Joeyが全国デビューを果たし、トップウォーターファンの心を鷲掴みにしたのは1993年。その後、もっとも入手の難しいルアーとなってしまったが、今もなお、鈴鹿市の茶畑に囲まれた工房でひとつひとつていねいに仕上げられている。その工程は、稀代のプラグ職人、藤田浩之(ふじた・ひろゆき)の揺るがない信念そのものだった。

孤高の職人は至高のアーティストだった

三浦修=文、福原毅=写真

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第3回(全4回)

編集部 2016年8月2日

2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

...

川村光大郎のバックスライド道場 :第4回(全6回)

編集部 2016年8月2日

カバー撃ちの定番、ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング。タックルセレクトを誤るとフッキングですっぽ抜けるなどミスの原因となってしまう。正しいタックル&フックセッティングを覚えよう。

バックスライドはオカッパリでもボートでも大活躍!

小規模河川のオカッパリでバックスライドを実践指導!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然 :第2回(全4回)

編集部 2016年8月1日

ベイトフィネスという言葉が定着して久しい。 ボートでもオカッパリでも、それぞれに大きなアドバンテージがあるという。 今回はこの釣りのパイオニアである沢村幸弘さんが、霞ヶ浦を釣りながらこの釣りのメリットを解説する。 今回はベイトフィネスタックルセレクトの要点について話してもらった。

...

なぜ釣れる!? 小森嗣彦の〝レッグワームリグ〞 :第5回(最終回)

編集部 2016年7月30日

小森さんは過去にJB TOP50で3度の年間タイトル獲得、そして2012年オールスタークラシックを優勝するなど数々の輝かしい成績を残している。 その彼が愛してやまないのが“レッグワームリグ”だ。 このリグへの信頼と実績の裏側には何があるのか。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。