編集部2021年10月26日

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 渡邉長士さんの場合

メバル カサゴ PICKUP ムラソイ ロックフィッシュ

 ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。 今回は奥津 剛さんの一軍ルアーと神ルアー、そして最終奥義をご紹介します!

穴釣りでムラソイ、カサゴ 磯場に潜むデカメバルねらいも熱い

解説◎渡邉長士

まとめ&写真◎猪俣博史

  

ロックフィッシュ最前線に立つ腕利きアングラーたちは、数あるルアーから何を選び、どう使っているのか?  一軍ルアー、思い入れが強烈な神ルアー、そしていざという時の最終奥義まで厳選紹介。

今回は渡邉長士さんの一軍ルアーと神ルアー、そして最終奥義をご紹介します!

◆関連記事

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 小川健太郎さんの場合 

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 佐々木俊さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 辻本ナツ雄さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 塩津紀彦さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 広瀬達樹さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 蔵野雅章さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 藤原真一郎さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 郡司和福さんの場合

ロックフィッシュ攻略!私のおすすめルアー教えます 奥津 剛さんの場合

こちらの記事は 好評発売中の「ロックフィッシュAnglers!」から抜粋したものです。 各地で人気のゲームフィッシュの最新テクニック&エンジョイノウハウをLiveレポート! 今最も気になるロックフィッシゲームの奥深い魅力を発信! もっと楽しく、奥深く。これから始めてみたい人だけでなくステップアップしたい人にもおすすめの一冊です。是非ご覧ください! ↓↓↓

 

ご紹介するルアーのメインターゲットは・・・

 

今回ご紹介するルアーのメインターゲットは

ムラソイ、メバル、カサゴです!

それでは渡邉長士さんおすすめのルアーを見ていきましょう!

 

7.11フィートキャロ用アジングロッドを使用

 房総半島はソイやハタなどの大型根魚が非常にねらいにくいエリア。そのためメインターゲットはムラソイやカサゴ。磯場では尺クラスの大型メバルもねらう。房総で根魚を釣る場合、私はキャロ用アジングロッドを使うが、ムラソイ、カサゴは穴釣りが基本。半島南部の東京湾側に点在するゴロタ場によく釣行する。地元外房で穴釣りをする時は浅い岩礁帯に設置された消波ブロック帯ねらい。また、外洋に面した南房〜外房の人が少ない磯などに生息する、数少ないデカメバルをねらったニッチな釣りもお気に入りだ。

釣れる!一軍ルアー

ガブリカーリー(ダイワ)+ オカッパリフック#4(カルティバ)+ ガン玉

I-2

穴釣りのムラソイ、カサゴねらいで多用するリグ。ガブリカーリーは味とニオイが強く低活性な魚にバイトさせるパワーがある。テールのレスポンスもよく、フォールだけでなくボトム着底後も流れでヒラヒラ動くのでスローな攻めにも強い。根掛かりを減らすオフセットフックはマスト。房総半島のような海藻が多いエリアではハリ先が露出するジグヘッドでは釣りにならない。ウェイトのガン玉は3Bがメインだが、水深や波の強さなどで調整する。

 

SWライトジグヘッド鏃 SSパワーフック1.5g #6(ダイワ)+ リングキックテイル(カルティバ)+ ガン玉

I-1

磯やゴロタ場からデカメバルねらいで使うリグ。リングキックテイルは万能シャッドテールで、2inの大きさがデカメバルねらいのベストサイズ。ジグヘッドは1.5gと軽めにし、20~50㎝離したところにガン玉3Bを2~5個付けて飛距離やレンジを調節する。釣り方の基本はただ巻き。

 

HRF® KJカーリー 3in(ダイワ)+ オカッパリフック2/0+ナス型オモリ + クイックスナップX #1.5(カルティバ)

I-3

ターゲットは伊豆半島、三浦半島からねらうアカハタやオオモンハタ。房総半島では深場のカサゴねらいにも使う。オフセットフックとシンカーが接続されたックやシンカーの付け替えが簡単。KJカーリーはボディーの極薄リブが細かい気泡をホールド。強力シュリンプパウダーも配合され味とニオイでもアピールする。使い方はボトムをなめるようなリトリーブとボトムパンプ。オオモンハタは中層スイミングでもOK。

 

思い入れ強烈!神ルアー

月下美人ビームフィッシュ(ダイワ)+ 月下美人 SWライトジグヘッドSS 1.5g #4

I-6169

ビームフィッシュは廃盤から復活したルアー。張りのあるエラストマー素材でとにかくタフ。根掛かりを外した時でもほぼワームがズレることがなく、デカメバルねらいでは貴重なセカンドバイトを引き出すこともできる。体積のあるテールは速巻きすると手元にブルブルと振動が伝わるほどで、暗いポイントでも広範囲にアピール可能。一方、スローリトリーブだとテールはほとんど動かず、中速のただ巻きでは引き波時などで勝手にアクションの強弱が発生。警戒心の強い魚を不意にバイトさせる不思議なパワーがある。遠投時はガン玉を数個付けてスプリットショットで使う。

 

困ったときのファイナルウェポン(最終奥義)

 

ジギングラップW5(ラパラ)

I-4

通称アイスジグ。ほかのルアーではマネできないアクションは完全なるファイナルウェポン。シャクリを入れるとキレのある幅広ダートするのが特徴で、このキレッキレアクションはいろいろな魚に効く。特にスレた魚や捕食スイッチがオフの魚にも強制的にスイッチを入れ、リアクション的バイトを誘発する。使う場面はピーカン&澄潮のメバルねらいが多いが、中層で回遊するハタ類にも有効。

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。