カテゴリー

船のタコ釣りの基本を解説! 2022年最新トレンドも 第3回(全3回)

編集部 2022年6月4日

...

船のタコ釣りの基本を解説! 2022年最新トレンドも 第2回(全3回)

編集部 2022年6月4日

サオはタコ釣り専用ロッドがおすすめだ。これら専用ロッドの特徴は150~180cmと船からキャスティングのしやすい長さであること、タコが抱いた重みを察知しやすく根掛かりをかわしやすい先調子であること、アワセが決まりやすくボトムに張り付いたタコを剥がすことのできるバットパワーがあること。これらの特徴が備わっていれば、ヤリイカザオやテンヤタチウオザオ、ロックフィッシュロッドなどを流用しても構わない。

船のタコ釣りの基本を解説! 2022年最新トレンドも 第1回(全3回)

編集部 2022年6月4日

ここ数年で人気が急上昇中の船からのマダコ釣り。これ以上ないという手軽さが魅力であり釣りビギナーでも充分にチャンスがある。と同時にハマると奥が深く、抜け出せない沼のごとしだ。手釣りとサオ釣りのキホンのキから応用まで解説する。

【マダコ釣り】根掛かりを回避しながらタコを釣る方法 後編

編集部 2022年5月21日

実際に木下さんは、川崎新堤周りや羽田空港周りの捨て石など、マダコが潜む穴も多いが根掛かりが多発してしまう釣り場でも、一気に根掛かりを重症化させてしまうような誘いではなく、ねちねちとボトムをほぐすように誘って数を重ねた。

【マダコ釣り】根掛かりを回避しながらタコを釣る方法 前編

編集部 2022年5月21日

リグが動かなくなったところで「これは根掛かりか、タコか」と想像しながら、それまでのような大胆なズル引きから小刻みなシェイクに変えて様子見をする。岩などに挟まっていたりフックが軽く刺さった状態であれば、リグ全体を揺するようにシェイクすることでスタックが解消されるから再び大胆なズル引きを開始する。

神奈川県/横浜沖堤 オカッパリマダコ釣り その2(最終回)

編集部 2021年11月24日

根掛かりが避けられない釣りではない。根掛かりを避けてはいけない釣りだ。シンカーを通じて、ラインを通じて、ティップを通じて伝わる地形の情報。そんなボトムとの対話をじっくり楽しむのがマダコ釣りであり、その醍醐味を味わえるのが冬の横浜沖堤だ。

今こそオカッパリマダコ!静けさの中で楽しむボトムとの対話

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

神奈川県/横浜沖堤 オカッパリマダコ釣り その1(全2回)

編集部 2021年11月24日

根掛かりが避けられない釣りではない。根掛かりを避けてはいけない釣りだ。シンカーを通じて、ラインを通じて、ティップを通じて伝わる地形の情報。そんなボトムとの対話をじっくり楽しむのがマダコ釣りであり、その醍醐味を味わえるのが冬の横浜沖堤だ。

今こそオカッパリマダコ!静けさの中で楽しむボトムとの対話

写真と文◎編集部

この記事は月刊つり人2021年2月号の記事を再編集しています

【対談】イカ&タコ釣りの魅力と驚き 水中カメラマン・尾崎幸司×釣り名人・宮澤幸則

編集部 2021年9月14日

イカ&タコのサイエンス本『イカ・タコは海の魔術師(マジシャン)である!』が好評発売中です。この記事では、世界中の海を60年以上も潜り続けてきた伝説的な水中カメラマンで本書の著者の尾崎幸司さんと、イカ・タコの釣り名人の宮澤幸則さんとの対談を公開します。宮澤さんは、どのような心境とどのような努力を重ねて、イカ・タコと勝負して来たのか、そのコツを伺いました。

釣ってよし、食べてよしのマダコをねらう 関東・千葉県/木更津市 木更津港・内港公園「タコ餌木のマダコ釣り」熱いぞ! 軟体系のルアーゲーム

編集部 2021年8月2日

アオリイカに取って替わった軟体系ターゲットがいる、それがマダコ。伊豆や房総など、潮通しのよい外海をメインフィールドとするアオリイカ。どうしてもアクセスに時間が掛かるのが玉にきずだった。しかし、マダコは潮通しのよい外海は言うに及ばず、東京湾エリアでも遜色ない釣果が期待できる。いや、湾奥こそねらいめの熱いエリアと言っても過言ではないのだ。

今年の夏は湾奥の地ダコを釣りあげて、家族で舌鼓を打とう!

東京湾の餌木タコ(エギタコ)釣り超入門【船の乗り方・道具解説・釣り方】

編集部 2019年8月14日

怒らずに読んでください。「タコ釣りって面白いの?アタリも引きもないんじゃ……」。これが正直な僕の気持ちでした。そう、あの重みを知る日までは……。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    東北のタチウオ、その実態を紐解く。

    THE WILD...

    THE WILD...