カテゴリー

アジング用ジグヘッドおすすめ人気ランキング14選【2021年】

編集部 2021年5月24日

この記事では、アジングにおすすめのアジング用ジグヘッド全14製品をランキング形式で紹介!

アジをジグヘッドと呼ばれるオモリ付きのハリで狙うこの釣りでは、ロッドやリールと同じくらいジグヘッド選びが重要です。そこで今回はジグヘッドの選び方やおすすめ商品を紹介します。

アジングを初めてする方はもちろん、慣れている方にも参考になる内容となっているので、ぜひジグヘッド選びの参考にしてください。

...

【2021年】アジングロッドおすすめランキング18選|人気&評判

編集部 2021年5月24日

この記事では、アジングにおすすめのアジングロッド全18製品をランキング形式で紹介!アジングは釣りの対象魚の中でもメジャーなアジを、ルアーで狙う釣りであり、多くの方から人気を集めています。

今回はそんなアジングの中でも重要なアイテムであるアジングロッドを、選び方からおすすめ商品まで詳しく紹介。

...

兵庫県神戸市・和田防波堤の青ものノマセ釣り

編集部 2020年12月8日

アジなど生きた小魚をハリに掛けて泳がせフィッシュイーターをねらうノマセ釣りは、大阪湾岸で秋に盛んな釣法だ。ターゲットはツバス(ワカシ)、ハマチ(イナダ)クラスの若魚から60cmオーバーのメジロ(ワラサ)が中心だが、時には80cmを超えるブリクラスもヒットする。特に大阪湾奧に位置する大阪港や神戸港周辺でブリクラスの期待値大。

目指せブリ! はらはらドキドキ! ノマセ釣り

...

2020年11月/神奈川県・三浦半島の地磯で大型アジが乱舞!?

編集部 2020年11月20日

三浦の一大遊漁船基地として知られる松輪港。すぐ側にある「高磯」という地磯で30cmクラスの大型アジが釣れています。効果的な釣り方はウキフカセ、もしくはカゴ釣です。時合になるとアジは足もとまで回遊するので遠投の必要はありません。軽い仕掛けを使えるので1~1・2号の軟調子の磯ザオでよく、アジの引き味を存分に楽しめます。

...

神奈川県横浜市・磯子海づり施設/温排水が多彩なターゲットを呼ぶ!

編集部 2020年11月19日

横浜の工業地帯が広がる根岸湾。そこへ張り出した埠頭の先端付近でサオを出せるのが「磯子海づり施設」。L字型の岸壁には柵付きのデッキが設置されており、初心者や小さな子ども連れでも安心して釣りが楽しめる。

関東エリア厳選!ファミリー&初心者におすすめの管理釣り場

つり人編集部=写真と文

【動画で見る】寄せエサなしでも釣れる!誘いで掛けるライト(LT)アジ

編集部 2020年11月19日

川崎の「つり幸」でLTアジの中乗りをする中村忍さんは、寄せエサ(コマセ)を使わず、継続的なシャクリによる誘いだけで、次々とアジのアタリを引き出すという釣り方を実践しています。ルアー感覚で楽しめるユニークな釣り方を見せてもらいました。

『つり人』2021年12月号連動動画

つり人編集部=写真と文

2020年11月/神奈川県・大黒海づり施設のアジ釣り

編集部 2020年11月18日

間もなく発売の月刊つり人1月号はアジ釣りの特集です。この時期釣れるアジは脂がのって一段と美味です。多彩な釣法があるなかで、誰もが始めやすいポピュラーな釣り方といえばサビキ釣りです。11月下旬現在、都心近郊で安定してアジが回る釣り場のひとつが神奈川県横浜市にある「大黒海づり施設」。施設のホームページには連日釣果がアップされ、時には40cmクラスも釣れています。

...

2020年11月/外房エリアのアジング

編集部 2020年11月6日

11月3日は外房エリアで千田隆喜さんのアジングを取材してきました(11月25日発売の月刊つり人1月号に掲載予定)。釣果情報のあった新官漁港に行き、港の外側をチェックすると潮がヨレているところを発見。1.2gでは飛距離が足りないため、より重い2.1gのジグヘッドリグに変更してキャストすると何回かのアタリの後にヒット!

...

2020年10月/東京湾のアジの味にほれ込んだ料理人が通うLTゲーム

編集部 2020年10月29日

...

2020年10月/横浜・横須賀エリアのアジング

編集部 2020年10月12日

10月6日は横浜・横須賀エリアでアジングの取材でした。(10月25日発売の月刊つり人12月号に掲載予定)常夜灯の周りを釣っていくとボトム付近でアタリがありますが掛かりません。そこでジグヘッドを0.3gまで軽くして再度同じレンジを探るとヒット!

吸い込みやすい軽量ジグヘッドで連続ヒット! (2020年10月6日)

レポート◎ナガシマ(月刊つり人編集部)

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。